温泉よりも筋肉に目が行ってしまう(画像はいばキラTVホームページより)

写真拡大

茨城県温泉を紹介する動画に、筋肉隆々な男性が出演していることが話題になっている。

動画は茨城県が公式に運営するインターネット動画サイト「いばキラTV」でアップロードされ、ユーチューブでも見ることができる。2017年4月18日に第1弾がアップロードされ、4月26日までに3本の動画が公開されているが、第1弾の動画はユーチューブで再生回数が5万回を超えている。

「温泉には女性」という固定概念に一石

テレビなどの温泉の紹介でよく見る光景は、女性がタオルを全身に巻いて入浴するシーンなどが定番だ。しかし、茨城県の温泉紹介動画は、<温泉×筋肉×4K>というタイトルがつき、1人の男性が引き締まった腕の筋肉でお湯を体にかけたり、腕立て伏せをしたりしている。女性は出てこない。

今回、茨城県はなぜあえて男性を出演させたのか。

J-CASTニュースが茨城県に取材すると、同県広報課は「知名度向上のため、『温泉には女性』という固定概念に一石を投じたら面白い企画なのではと思い、始めました」と話した。

実は、茨城県には温泉地が107カ所もある(2015年度、環境省調べ)。第1弾の動画で出てくる磯原温泉や、第2弾の平潟港温泉などの温泉が茨城県の温泉ランキングでは上位にあるが、全国的には知られていない。そこで「温泉に女性」というステレオタイプの打破することで関心を集め、茨城の温泉の知名度を上げようとしたわけだ。

「ここまで話題になるとは...」

出演しているのは、宇都宮一基さんという、フィジーク(上半身のボディービルダー)のモデルだ。

動画を見た人たちからは、ツイッターなどで

「筋肉紹介なのか温泉紹介なのか分かんなくなってきた...」
「温泉のCMを女の人がでっかいバスタオル湯につけるCMから小さいタオルやパンツ1枚で済むマッチョに転向して行こう」

といった声が上がっている。

茨城県の担当者は

「企画を始めた当初は、とりあえず3本ということで始めましたが、ここまで話題になるとは思いませんでした」

と話し、早くも動画の追加も検討している。