Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、現地時間5月2日の四半期決算発表の中で、「iPhone8」の噂がiPhoneの買い控えを起こしている可能性について言及しました。

iPhone販売停滞の背景に「iPhone8」の噂

このほど発表された、Appleの2017年度第2四半期決算では、主力製品iPhoneの販売台数は5,076万台と、前年同期比で1%減となりました。
 
市場調査会社451 researchが発表した、消費者のiPhoneに対する購買意欲が過去9年間で最も低くなっている、との調査結果について問われたクックCEOは、以下のように語り、今年の発売が噂される「iPhone8」を待つ消費者心理が影響している可能性を示唆しています。
 

調査結果はさっと読んだだけで、詳しく分析する時間を持てていません。しかしながら、iPhoneの販売は停滞していると認識しています。
 
これは、早い時期から、頻繁に、将来のiPhoneについての報道がなされていることが、データの背景にあるのではないかと考えています。

外観デザイン刷新と噂の「iPhone8」

iPhone10周年の記念モデルとして期待されている「iPhone8」では、2014年のiPhone6から大きく変わっていない外観デザインが刷新される、とみられています。
 
「iPhone8」は、本体前面は全て有機EL(OLED)ディスプレイに覆われ、ホームボタンはディスプレイに内蔵され、ユーザーの顔を高精度に認識する3Dセンサーが搭載される、と噂されています。
 
最近は「iPhone8」のものとされる図面や金型の画像がリークされています。
 
なお、製造上の技術的問題から、「iPhone8」の発売が遅れるとも予測されており、例年どおりの9月発売には間に合わず、年末近くにずれ込むのではないかと言われているほか、一部には来年に持ち越されるのではないか、との観測もあります。

 
 
Source:MacRumors
(hato)