Photo By: Corporal Jonathan R. Waldman (Public Domain)

写真拡大

 サウジアラビア(以後:サウジ)をリーダーとして中東で「イスラムNATO」を創設する計画があるという。その構想はオバマ大統領の政権時の2015年にペンタゴンによって提唱されていた。アラブ連盟を軸に北アフリカから中東地域の国々が独自の軍隊をもつことである。それを米国が背後から支援するというものである。(参照:「Arabia Watch」)

 この構想の推進役となったのがサウジである。その目的はイスラム圏の39か国を加盟国として、テロとの戦いを主な任務とするとしている。しかし、テロを陰では支援しているサウジがテロとの戦いを創設目的とするのは嘲笑を買うものだという見方をする向きも少なくない。

「イスラムNATO」の実際の狙いはイランに対抗する防衛組織を築くことである。実際、イランはシリア、イラクそしてレバノンから、更にイエメンに勢力を広げている。それが容易になったのも、オバマ前大統領がシリアに対してレッドラインという警告を行っていたが、それを無視されても軍事介入を控えたこと。そして、イランとの核合意である。それによって、イランの中東での勢力拡大を容易にした。しかも、イランの背後にはロシアと中国が控えている。

 イランを宿敵と見做すサウジにとって、それに対抗するにはヨーロッパにおけるNATOのような軍事組織が必要であるということを切に感じていたようである。また、それをサウジに奨励したのは同じくイランを宿敵としているイスラエルであった。

 イスラエルとサウジが主軸になっての「イスラムNATO」の創設だと、アラブ諸国の中で今もイスラエルを敵として見ている国もある。その為、イスラエルは「イスラムNATO」に直接加わるのではなく、軍事情報の提供や軍事技術レベルの向上に協力するとしている。(参照:「Argentina Today」)

◆巻き込まれる国は?

 推進役のサウジが加盟国として必ず加えたいとしているのがトルコ、パキスタン、エジプトである。特に、トルコとパキスタンの参加無くして「イスラムNATO」の発展はないとサウジは見ているという。両国とも軍事力があり、しかもパキスタンは核保有国である。

 トルコはNATOに加盟しているが、エルドアン大統領はNATOでのトルコの存在価値は薄く見られているというのを感じており、中東における影響力の拡大という意味で、サウジとパートナーを組むことには関心を示しているという。

 一方のパキスタンはサウジから事前の相談もなく加盟国として加えられたようだ。パキスタンは国境をイランと接しており、イランからの原油のパイプラインの建設そしてイランと関係の強い中国からこれまで色々と支援金の援助を受けているという関係から「イスラムNATO」に加盟することには十分に納得できないでいる。しかも、パキスタン人の20%はシーア派である。参加するというのであれば、「イスラムNATO」がインドと対抗できるものであるということも望んでいるという。ただ、パキスタンで核開発が可能となったのもサウジからの資金援助があったからであるというのはパキスタンは充分に承知している。

 さらに、サウジはパキスタンのラフィール・シャリフ(Raheel Sharif)退役将軍を「イスラムNATO」の司令官に任命したいと望んでいるが、その任を引き受けるにはイランを加盟国に加えることを条件しているという。それはサウジや湾岸諸国においては当然受け入れられない要望である。

 また、エジプトも軍事力を持っており参加が必要とされている国である。現在のエジプトの財政事情は非常に悪く、サウジの資金支援無くしてシシ大統領の政権維持は難しい。それを充分に承知しているシシ大統領はエジプトの参加は否定できない立場にある。