【速報】日本ビーチ代表、ブラジルに敗れGS敗退が決定

写真拡大

4月27日に開幕を迎えたビーチサッカーワールドカップ2017。バハマを会場として行われた大会は、2日がグループステージ最終日となった。

初戦でポーランドを9-4で破るも、タヒチに3-4と敗れてしまった日本代表は、後がない形で強豪ブラジル戦を迎えた。

直前の試合でタヒチがポーランドに勝利したことにより、少なくとも勝利を収めなければ決勝トーナメント進出の可能性はない。

その中で試合をスタートさせた日本は、いきなり後藤崇介のオウンゴールとホドリゴのフリーキックで2失点してしまう立ち上がり。

さらにPKを与えるという厳しい状況だったが、これが外れて失点を逃れると、後藤のオーバーヘッドのこぼれ球を大場崇晃が押し込み1点を返す。

第1ピリオドの終了間際には後藤が見事なフリーキックを決め、なんとか振り出しに戻すことに成功した。

ところが、第2ピリオドからはさらに流れはブラジルの方へと傾いていく。

16分にはホドリゴに3点目を許し、さらにミドルシュートをマウリシーニョにコースを変えられてネットを揺らされる。

また、20分にはビーチサッカーならではのゴラッソでブラジルが5点目を奪取。キーパーからのスローイングを胸で流し、それをカタリーニョがボレー!美しい連携が決まってしまった。

日本は相手のミスからのオウンゴールで一点を返し、さらに決定的なチャンスも迎えるも、それを決められず。すると流れは一気にブラジルへ。

直後のプレーで速攻から6点目を許して第2ピリオドを終えると、第3ピリオドでも3失点。結局3-9というスコアで大敗することになった。

「死の組」と言われていたグループで好発進した日本であるが、その後の2連敗で順位を落とし、突破はならず。

2013年、2015年大会と連続で決勝トーナメント進出を成し遂げていたが、残念ながら早い段階で大会を去ることとなった。