王者メルセデスAMGに加入して4戦目、ロシアGPでバルテリ・ボッタスがF1通算81戦目にして初優勝を飾った。

 ソチ・アウトドロームでの最速は、間違いなくフェラーリだった。セバスチャン・ベッテルは2015年シンガポールGP以来のポールポジションを獲得し、フェラーリとしては実に2008年フランスGP以来となるフロントロウ独占を果たしたのだから。


バルテリ・ボッタス(左)の初優勝を祝福するセバスチャン・ベッテル(右) しかし、スタートでボッタスが首位を奪い取った。2台の発進加速はほぼ同じだったが、直後にベッテルのスリップストリームに入り、空気抵抗を減らす効果を最大限に利用したボッタスが車速を伸ばしベッテルの前に出たのだ。

 この背景には、ポールポジションから最初のブレーキングであるターン2までが1029.5mという極めて長い距離であり、その間の駆け引きが重要になるということと、メルセデスAMGの王者らしい緻密な分析と用意周到さがあった。

「スタート自体は悪くなかったけど、セバスチャン(・ベッテル)と比べてそんなに善し悪しの差はなかったと思う。でも、その後のスリップストリームがここのカギだからね。(スタートから)ターン2にどうアプローチするかが重要なんだ。

 もしあのチャンスを逃せば、今日フェラーリを打ち負かすのは難しかったと思う。でも1月〜2月に僕らはチームとして多大な努力をスタートにつぎ込んで、僕の今までの全レースのスタートを分析してどうだったか、どんないいところがあったか、どんなミスを犯したかといったような徹底的な分析もやったんだ。そういった努力が実を結んだと言えるだろうね」(ボッタス)

 スタートのポジショニングはドライバーの勘と反応がすべてと信じられているが、実はメルセデスAMGはこういったところまでデータ化して、ドライバーとともにさまざまな”シナリオ”を用意している。昨シーズンにスタートで度々苦労した彼らだからこそ、こうした対策をしっかりと打ってきたのだ。

 スタートダッシュが成功したもうひとつの要因として、メルセデスAMGのワークスチームだけが予選Q3のみで使う「スペシャルモード」の爆発力もある。メルセデスAMGはエンジンに大きな負荷がかかることを承知のうえで、ノッキングが多発するくらい点火時期を早めてエクストラパワーを引き出している。その効果は15〜20kW(20.1〜26.8馬力)にも及ぶとされ、ストレートが長いソチでこれをスタート時も使ったとすれば、その効果は絶大だ。

 そういう意味では、メルセデスAMGにとってスタートでフェラーリ勢をかわすことはある程度、想定の範囲内だったとも言える。

 彼らにとって最大の懸念は、その直後のペースだった。

 開幕戦オーストラリアGP、そして第3戦バーレーンGPで最速のマシンを手にしていながら勝利を逃したのは、決勝レースの序盤でタイヤの表面がオーバーヒートし、グリップが得られないという症状のせいだった。特に本来はグリップが高く速いはずの柔らかいタイヤで、その傾向が強かった。そして逆に、フェラーリはその点に優れていた。

 ボッタスはこう語る。

「僕らにとって最大の懸念はもちろん、スティントの序盤だよ。金曜の走行でもフェラーリは燃料を積んだ状態で速かったし、予選でもタイヤをすばやくウォームアップしていたけど、僕らはそれに苦労していた。でも金曜から日曜にかけて、フロントとリアが同じように機能するようにマシンをうまく調整することができた。今日はすべてがうまく機能し、序盤からフィーリングがよかったよ」

 ボッタスは最初のラップで2位ベッテルに対してあっという間に2秒のギャップを築き、その後もジワジワとそれを広げていった。前後バランスに苦しんでいたのはベッテルのほうで、その症状が治まったという20周目を迎えるころには、もう両者の差は5秒にもなっていたのだ。

 ストレートが長くフロントは冷えやすい反面、低速90度コーナーの連続でリアがオーバーヒートしやすいソチ・アウトドロームでは、前後のタイヤの温まり方に差が生じやすく、それをいかにうまくコントロールしてマシンバランスを整えるかがセットアップのカギとなる。メルセデスAMGは序盤3戦に苦しんだタイヤのオーバーヒート問題を克服すると同時に、その点もうまく対処したことになる。

 ベッテルに対して3秒以上のギャップを維持したことで、先にピットインし、新品タイヤでプッシュして逆転する”アンダーカット”を仕掛けられる懸念はなくなった。最適とされる26周目から1周だけ長く引っ張ってボッタスはピットイン。これも、ピットアウトしたときに後ろのトラフィックに引っかからないよう計算してのことだ。

 しかし、ベッテルとフェラーリもこれであきらめたわけではない。今度は第2スティントを短くし、ボッタスよりも新しいタイヤで猛攻を仕掛けようというわけだ。タイヤ問題が解決したとはいえ、マシン特性としては依然としてメルセデスAMGがフェラーリよりもスーパーソフトを苦手としており、ペースが振るわないことも計算づくだ。

 今度はベッテルがジワジワとギャップを縮めてくるなか、ボッタスは38周目にフロントタイヤを激しくロックさせ、フラットスポットを作ってしまう。

 タイヤの一部だけが削られた(真円でない)状態で走行するため、クルマには振動が発生する。メルセデスAMGはセンサーが検知するその振動の数値を分析し、「非常にシビアなダメージを受けていて、レース終盤のパフォーマンスに影響を及ぼす可能性が高かった」(トト・ウォルフ/メルセデスAMGエグゼクティブディレクター)というが、それでも冷静に対処法をボッタスに指示した。


トップを走るメルセデスAMGを必死で猛追するフェラーリ「フラットスポットを作ってしまった直後は、もちろん間違いなくタイムを失ったよ。チームからブレーキバランスを前寄りにしてタイヤ温度を上げるよう指示を受けていたけど、今度はフラットスポットを低減するためにブレーキバランスを後ろ寄りに持っていったりしなければならなかった」(ボッタス)

 チームからは「オーバーテイクボタンをストレートの早い段階から使え」といった、パフォーマンスを最大化するためのアドバイスも送られた。

 そんなボッタスの前に、周回遅れのマシンが現れる。ストレートが長く、オーバーテイクが容易に思えるソチ・アウトドロームだが、実はそうではない。

「ここはストレートの前のコーナーがラインはほぼひとつしかないから、前のクルマについてそのコーナーを抜けていくことが難しい。だからオーバーテイクが簡単じゃないんだ。そのせいで、周回遅れで多くのタイムを失ってしまった」

 こうした苦労は、ドライビングのリズムを狂わせることにもなる。ウイリアムズ時代からソチ・アウトドロームを得意としてきたボッタスは、そのリズムこそがこのサーキット攻略のカギなのだと明かす。

「ここはちょっと特殊なサーキットで、リズムに乗って走ることが速くコンシステント(一貫性のある)に走る重要なキーポイントなんだ。でも、周回遅れのせいで一度リズムを失ってしまうと速さを失い、そのリズムを取り戻すのに数周かかってしまう。前がまたフリーになってからは自分の仕事に集中することができたし、タイヤの温度も取り戻すことができたけどね」

 その途中で「無線であまり話しかけないでほしい」とレースエンジニアに訴えたのは、「集中してひとつひとつのコーナーを完璧に走り、ロスを最小限に抑えたかったからだ」とボッタスは説明した。

 残り2周でベッテルはついにDRS(※)が使える1秒圏内にまで入ってきたが、ボッタスは冷静な走りでこれをしのぎ切り、見事に勝利を手に入れた。それは決して、スタートの攻防だけではなく、さまざまな難局を乗り越えた末に手に入れた本物の勝利だった。

※DRS=Drag Reduction Systemの略。ドラッグ削減システム/ダウンフォース抑制システム。

 ボッタスは「自分のキャリアで最高のレース」とその内容を振り返り、敗者となったベッテルも「僕らはやれるかぎりのことをトライしたけど、今日のバルテリ(・ボッタス)には敵わなかった。彼は勝者にふさわしいよ」と賞賛した。

 それと同時に、この勝利が自分の力だけで成し得たものでないこともボッタスは理解している。メルセデスAMGというチャンピオンチームに加わり、そのチーム組織力のすごさ、1000人ものスタッフが最速のマシンをより速く走らせるために知恵を絞り、コースを走るマシンの背後に膨大な支えがあるからこそ最強チームなのだということを、痛感したという。

「チームからのサポートが大きな助けになったよ。チームのみんながものすごくよくサポートしてくれていると感じているんだ。僕が何か疑問を持っていたり、何かが欠けていれば、そこに必要な人物がすぐに僕をサポートしてくれる。

 何かがうまく行かなかったときのこのチームの反応はすばらしい。チーム全員が一丸となって全力で解決にあたっている。その反応のすばやさと正確さが成功の秘訣なのだと思うよ。自分ひとりでできることでなければ、チームが力を合わせて成し遂げるんだ。だからこそ僕は(何かがうまくいかなかったとしても)パニックになったりしない」

 確かにF1ドライバーは主役的な存在だが、チームがドライバーのために働くのではなく、チームが成功を収めるためにドライバーもその一員として働く存在に過ぎない。メルセデスAMGのような強力な組織を知れば、彼らが口を揃えてそう言うのも納得できる。

 ボッタスは勝利を手にしたことで、さらにそのチームの一員としての存在感と重要性を増すことになるだろう。もちろん、彼の勝利数は今後も伸びていくに違いない。それは彼自身も感じている。

「もちろん僕は自分のスキルに自信を持っているし、勝てると信じていた。そうじゃなければ家にいたほうがいいからね。でも、いくら自信を持っているとは言っても、こうして結果を出して初めてそれが証明されるんだ。

 この世界では結果がすべてだ。何ポイント獲れるか、何回表彰台に上がれるか、何勝できるか。それだけがF1という世界なんだからね。こうして初優勝を挙げたことで、間違いなく大きな自信を手にすることができた。これを何度も繰り返していけるかどうか、楽しみだよ。でも今年は4人のドライバーによる優勝争いが繰り広げられるだろうし、簡単な戦いではないだろうね」

■モータースポーツ 記事一覧>>