【9節のベストイレブン】

写真拡大

 J1リーグは4月30日に9節の9試合を行なった。ここでは、その9試合からサッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。
 
【選出理由】
 C大阪の清武がついに復帰後初ゴールを挙げた。87分、杉本の落としを受けてドリブルを始め、左サイドの柿谷へスルーパスを送る。柿谷のシュートは相手GKに弾かれたが、こぼれ球にすかさず反応してネットを揺らした。

 また、67分には絶妙なタイミングでスルーパスを送り、山村の先制点もアシスト。勝負を決める1ゴール・1アシストを記録した清武を採点『7』で選出。今節のMVPとした。
 
 また、最下位が首位を打ち破る大金星を挙げた、大宮からは最多の4名をセレクト。河本、岩上、金澤のハードワークと球際のタフさが光り、浦和の猛攻を凌いだ。そして、苦しい戦いを強いられる中で豪快な決勝弾を突き刺した茨田は、まさに勝利の立役者となった。
 
 そのほか攻撃陣には、膠着した試合展開でゴールをこじ開けたG大阪の堂安、甲府の堀米を選出。仙台のクリスランは2ゴールに加えて、抜群のキープ力で攻撃の起点となった。
 
 守備陣には巧みなラインコントロールを見せた仙台の平岡、対人で強さを発揮した鹿島の昌子をセレクト。GKにはビックセーブ連発で完封勝利に貢献した柏の中村を選んだ。
【今節のベストイレブン】
GK
23 中村航輔(柏) 7 
前後半合わせて、計12本のシュートを浴びるも、ビッグセーブを連発。ゴール前に立ちはだかり、完封勝利の立役者となった。

DF      
13 平岡康裕(仙台) 7
古巣を相手に意地を見せ、個人の対応でもラインの統率でも力を発揮。空中戦の強さでも完封に大きく貢献した。
 
3 昌子 源(鹿島) 7
PK献上は不運としか言いようがない。それをゴールで取り返したばかりか、1対1の守備やカバーリングもほぼ完璧だった。
 
3 河本裕之(大宮) 7
67分に森脇のクロスをクリアミス。ただし悪目立ちしたシーンはそれくらいで、途切れぬ集中力と闘志の溢れるプレーで最終ラインを統率した。最終局面での寄せも素晴らしい。
 
MF
THIS WEEK MVP
40 茨田陽生(大宮) 7 
「絶対にネットを揺らしてやろう」という気持ちが63分に実る。強烈な一撃で今季初勝利を手繰り寄せた。冷静なボール捌きや献身性も見せ、文句なしでさいたまダービーのMOMだ。
 
23 金澤 慎(大宮) 7
キャプテンマークを巻いて、中盤を縦横無尽に走り回る。スペースを埋め、ボールホルダーに食らい付き、厳しいマークで興梠を苦しめ続けた姿は、まさに“大宮の魂”と呼ぶに相応しかった。
 
47 岩上祐三(大宮) 7
危険なスペースをいち早く察知して、素早い判断でフォローするなど、気の利いたポジショニングで周囲を助けた。攻撃では機を見てフリーランし、前線を助けた。
 
46 清武弘嗣(C大阪) 7
リーグ戦では5試合ぶりの先発。左右に動きながら、相手守備陣の穴を探ると、67分に山村の先制点をアシスト。87分にはC大阪復帰後初ゴールを決めた。
 
FW
38 堂安 律(G大阪) 7
値千金の決勝ゴールを挙げたほか、狭いエリアでも可能性を感じさせる突破を見せていた。
 
20 クリスラン(仙台) 7
冷静にPKを決め、2点目も一瞬のチャンスを逃さなかった。簡単にボールを失わないキープ力でも攻撃に貢献。
 
11 堀米勇輝(甲府) 7
ヘディングで殊勲の決勝点を奪う。待望のJ1初ゴールを奪うだけでなく、積極的にパスを呼び込んで攻撃の流れを作った。
 
※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。