ドイツ・マンハイム市にあるシンクタンク欧州経済研究センター(ZEW)がこのほど発表した調査報告書によると、中国経済の発展状況は引き続き好転し、経済景気指数は3カ月連続で上昇した。資料写真。

写真拡大

ドイツ・マンハイム市にあるシンクタンク欧州経済研究センター(ZEW)がこのほど発表した調査報告書によると、中国経済の発展状況は引き続き好転し、経済景気指数は3カ月連続で上昇した。

同報告書によると、今後12カ月間の中国経済の状況を予測する景気指数が3カ月連続で上昇し、17.7ポイントになった。当面の経済状況を評価する指数も17.6ポイントに上昇し、2013年7月にこの調査を開始して以来の最高値を更新した。

同報告書は、「雇用者の数が増加したため、中国経済成長の主要原動力の一つである消費が増加するとみられ、これと同時に対外貿易の見通しも改善が予想される」との見方を示した。

ZEWのシニア研究員のミヒャエル・シュレーダーさんは、「中国経済は徐々に安定上昇して、やや高めの成長レベルを回復するだろう」と予測している。(提供/人民網日本語版・編集/KS)