写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Microsoftは5月2日 (現地時間)、米ニューヨークでプレスイベントを開催し、「Surface Laptop」を発表した。CPUに第7世代Intel Core i5/ i7を搭載した13.5インチの薄型・軽量ノートPCだ。OSはWindows 10 S。今日のモバイルユーザーが求めるセキュリティとパフォーマンス、そして長いバッテリー駆動時間 (最大14.5時間:ビデオ再生)のバランスに優れる。価格は999ドルから。

同じ日に発表したWindows 10 Sと同様、Surface Laptopも学生や教師の声を設計に反映させた。サイズは308.02×223.2×14.47ミリ、重さは1.25キロと、軽量で持ち運びやすい。筐体にアルミニウムを採用する一方で、材質の冷たさや動作時の熱で不快にならないように、キーボード部分の表面にアルカンターラファブリックを用いている。

ディスプレイは、2256×1504 (201ppi)のPixelSenseディスプレイで、アスペクト比は3:2。10点マルチタッチに対応し、Surfaceペンの使用も可能。イベントでMicrosoftは「ノートPCで最薄の液晶タッチモジュール」とアピールしていた。カバーガラスはGorilla Glass。

・ディスプレイ:13.5インチPixelSense (2256×1504、201ppi)
・CPU:第7世代Intel Core i5/i7
・メモリー:4GB/ 8GB/ 16GB
・ストレージ:128GB/ 256GB/ 512GB SSD
・カメラ:720p HDカメラ、Windows Helloカメラ
・ワイヤレス:Wi-Fi (8021.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0LE
・ポート類:USB 3.0、3.5ミリヘッドセット、mini DisplayPort、SurfaceConnect
・サイズ:308.02×223.2×14.47ミリ、重量1.25キロ
・カラー:バーガンディ、プラチナム、コバルトブルー、グラファイトゴールド
・OS:Windows 10 S
・対応アクセサリ:Surface Pen、Surface Dial、Surface Dock、Surface Arc Mouseなど

米Microsoftは5月2日から予約の受け付けを開始、6月15日に発売する。標準構成の価格は以下の通り。

○Intel Core i5

・128GB SSD/ 4GB RAM/ Intel HD Graphics 620: 999ドル
・256GB SSD/ 8GB RAM/ Intel HD Graphics 620: 1,299ドル

○Intel Core i7

・256GB SSD/ 8GB RAM/ Intel Iris Plus Graphics 640: 1,599ドル
・512GB SSD/ 16GB RAM/ Intel Iris Plus Graphics 640: 2,199ドル

現時点でプラチナム以外の色を選択できるのはCore i5の256GB SSD/ 8GB RAMモデルのみ。

(Yoichi Yamashita)