山ちゃん、今回は仲間!
 - (C) 2016 Lionsgate TM & (C) Toei & SCG P.R.

写真拡大

 アメリカ版スーパー戦隊をハリウッドで映画化した『パワーレンジャー』(7月15日公開)の日本語吹き替え版で、山里亮太(南海キャンディーズ)と古田新太が声優を務めることが明かになった。

 同作は、日本の「スーパー戦隊」の英語版ローカライズとして、1993年から全米で放映されている人気テレビシリーズの新たな劇場版。日本語版の声優に、先日発表されたレッドレンジャー(ジェイソン)役・勝地涼、ピンクレンジャー(キンバリー)役・広瀬アリスに続き、太古の地球で世界を守っていた5人の戦士=パワーレンジャーの元レッドレンジャー・ゾードン役に古田、そして、5人をサポートするおしゃべりなロボット・アルファ5役に山里が決定した。

 個性派俳優のイメージが強いが、映画『パディントン』や『ルドルフとイッパイアッテナ』『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』などで声優としての活動もさかんな古田。「今回、元レッドレンジャーで今は魂だけになった壁の中の人物“ゾードン”というキャラクターの声優をさせていただくことになりました。最近、声優をやると必ず“ボスキャラ”です。レンジャー、やりたかったな。ファンの方に違和感を持たれないようガンバリマス」と意気込む。

 一方、最近「スーパー戦隊」や「プリキュア」シリーズなど、東映作品への出演が続く山里は「今回、『パワーレンジャー』の声優オファーがきたときは、まさかレッド!? とドキドキしたのは内緒の話です……」と打ち明けつつ、「ただ、アルファ5も5人には絶対必要な仲間ですし、5人に突っ込んでもらったり突っ込んだりできると思うと今から楽しみで仕方ないです!」と期待をふくらませた。(編集部・小山美咲)