Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が、毎年恒例となった「クックCEOとランチを食べる権利」を、今年もチャリティサイトに出品しました。

新しいApple ParkでクックCEOと昼食

クックCEOは2013年から、チャリティオークションサイトCharitybuzzに毎年参加しています。今年は、4月に稼働開始したばかりの新Apple本社Apple Parkで、クックCEOと一緒に昼食を食べる権利(2人分)を出品しました。
 
入札期間は本日から5月16日午後3時(東部標準時)までの2週間で、Charitybuzzは推定価値を10万ドルとしています。日本時間5月3日朝5時の時点で、入札は8件、最高額は7万9,888ドル(約895万円)となっています。

今年で参加は5回目に

クックCEOのオークションへの参加は今年で5回目となり、2013年の初回はクックCEOとコーヒーを飲む権利、2014年の2回目は昼食を食べる権利、3回目(2015年)と4回目(2016年)は昼食を食べる権利と基調講演のVIPチケットがセットで出品されました。
 
落札額は、2013年は61万ドル(約6,832万円)、2014年は33万1ドル(約3,696万円)、2015年は20万ドル(約2,240万円)、2016年は51万5,000ドル(約5,768万円)でした。
 
支払われたお金は、例年通り故ケネディ大統領の意思を継いで人権の啓蒙活動を行っているRFK Center for Justice and Human Rightsへ全額寄付されます。
 
オークションへの入札はこちらのリンクから行なうことができます。
Charitybuzz - Tim Cook
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)