【詳細】他の写真はこちら

ちょっと古めのゲームを遊ぶときなんかに要求されますよ



Windows 10では以前のWindows用のソフトの多くがそのまま動きますが、ゲームや古いソフトの中には「DirectX 9」を要求してくるものがあります。Windows 10にもDirectXは入っているのですが、最初から入っているのは「DirectX 12」となるため、別途「DirectX 9」のインストールが必要となるわけです。

マイクロソフトが提供しているものなのでWindows Updateからインストールできそうですが、「DirectX 9」に関しては手動でのインストールが必要となります。この時に使うの「DirectX エンドユーザーランタイムWebインストーラ」というプログラム。これはマイクロソフトのサイトからダウンロードできます。

ちなみにシステム要件にWindows 10が含まれていませんが、問題なくインストールできます。また、どこにもバージョンについて書かれていませんが、「DirectX 9.0c」という「DirectX 9」の最新バージョンがインストールされます。

なお、ファイルをダウンロードしながらインストールが進むため、必ずインターネット接続が必要となります。このインストーラープログラムを別のPCにコピーして実行する場合でも、インターネット接続が必要となる点には注意しましょう。



▲古いWindows用のソフトやゲームでは、「DirectX 9」が必要になることも。これらのソフトをインストールする前に、「DirectX 9」をインストールしておきましょう。



▲「DirectXエンドユーザーランタイムWebインストーラ」は、マイクロソフトのサイトからダウンロード可能です。



▲セットアップは画面の指示に従うだけ。途中で「Bingバー」をインストールするか聞かれますが、インストールの必要はありません。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ

関連サイト



「DirectX エンドユーザーランタイムWebインストーラ」ダウンロードページ