マナーと運の関係

写真拡大

マナーは世の中を渡り歩いていくためには必須のスキルです。さらにマナーを極めていくと運気も向上するかもしれません。にわかには信じがたいテーマに挑んだものが西出ひろ子 による「運のいい人のマナー」(清流出版)です。

マナー本として読む

本書はタイトルは奇抜ですが読んでいけば、なるほどと納得することでしょう。本書で主張しているのは、気持ちのよいふるまいをする人は、まわりの環境がよくなっていくというものです。当然その人の周りに人が集まってきますし、お金も集まってきます。それはひとつの運気であるといえるでしょう。

心をこめる

さらに著者は、マナーにおいて型ばかりを重視せず、きっちりと心を込める必要性を説きます。確かに形だけならば誰でもそうしたことは言えると思うでしょう。何よりも差をつけるには、そこにおいて心を込めているか否かという点につきるのです。かえって形だけのマナーを示していると、その心の中が見透かされてしまうようなこともあるのではないでしょうか。

マナーのプロが指導

著者はマナーコンサルタントとして、マナーの本場であるイギリスへも留学しています。まさに世界標準のマナーが学べる一冊です。