無染色テクノロジー採用、自然をリスペクトした最新フィットネスウェア

写真拡大 (全3枚)

人は健康のために運動をし、フィットネスウェアを着る。でも、そのウェアが自然の健康を損ねるような人工加工をされている現実が前から気になっていました。
フィットネスウェアは、撥水性や通気性、フィット感などの機能が重要視されるため、自然素材にこだわるのは現実味がないかもしれません。少しでも自然に配慮されたものがあったらいいのに......と思っていました。
環境に配慮したウェアが登場

移動や体温調節のときに着るパーカーやパンツなら、自然に寄り添ったウェアをつくることができる。そこに着目したスポーツブランド「アディダス」が水を節約し、無染色テクノロジーを採用したニューモデル「Z.N.E. ZERO-DYE (Z.N.E. ゼロ-ダイ)」を発売しました。
無染色テクノロジーとは生地の風合いを生かし、染色をせず、資源を節約する無染色プロセスをさします。水の節約へのこだわりは、アスリートが口にする「水」を大切にする、という環境への配慮なのだそうです。
運動の達成感を高めてくれるウェア
「Z.N.E.」の商品名には、「ZERO NEGATIVE ENERGY= アスリートが雑念を振り払い、無になる。集中を促し、試合に向け ZONE へと導く」 という思いが込められています。わたしは素人の運動好きに過ぎませんが、それでも運動中はできるだけ雑念を払い、その時間に集中したいと思います。集中できたときほど、達成感は大きくなります。
そういう意味でも、自然をリスペクトした素材のウェアを着ることは、気持ちよく体を動かすためにとても役立ち、達成感を高めてくれます。
自分だけの世界にひたれるフード付き

また、「Z.N.E. ZERO-DYE」のパーカーは、外部から遮断した状態を保つ大きめのフードになっていて、精神統一しやすい環境づくりにも配慮しています。たとえば、マラソン大会の前、最後の調整やイメージトレーニングをしたいときの味方になってくれます。
自然に寄り添い、かつ集中力を高めたいときのサポートをしてくれるウェア。いつでも着ていたくなるクールなデザインも、運動したい気持ちを後押ししてくれそうです。
[adidas]