徳島が発表、ボールボーイに液体かけたサポーターは無期限入場禁止

写真拡大

 徳島ヴォルティスは5月2日、明治安田生命J2リーグ第10節のジェフユナイテッド千葉戦後に徳島サポーターがボールボーイ(ボールパーソン)に対して液体をかけた件について、当事者の特定に至り、事実確認と処分内容の通告を行ったと発表した。

 徳島の発表によると、当該サポーターは千葉戦後、ボールパーソンへ対してアルコール飲料と思われる液体をかけた。徳島は観戦ルール違反の侮辱行為として、同サポーターを無期限の入場禁止処分とした。対象試合は徳島が出場する全ての公式戦と発表されている。

 徳島は4月30日、本件についての最終的な処分については決定次第、報告すると発表していた。そして今回、当事者の特定と処分通告に至った。

 処分発表に際し、徳島は公式HPに以下のように記している。

「ご迷惑をお掛けしたボールパーソンの皆様、フクダ電子アリーナでご観戦されたすべての皆様、運営主管であるジェフユナイテッド千葉様をはじめとする関係者の皆様に心よりお詫び申し上げます」

「今後、再発防止等の対応や新しい応援のルール等につきましては決定次第お知らせいたします」