食べられるペットボトル。食感プルプルそう!

写真拡大

食感が気になりすぎる!

見た目はゼリー。食べられるペットボトル

ギズモード・ジャパン」で紹介されていたのが、新感覚のペットボトル「Ooho!」。なんと、食べられるペットボトルなのです。

発明したのは、イギリスのイノベーション・デザイン・エンジニアリングに在籍中だったロドリゴさんとピエールさんのチーム。ペットボトルというパッケージがゴミになるのなら、パッケージ自体をなくせばいい、という発想のもとに考え出されたとのこと。

ペットボトルの代わりとなるのは、天然素材で作られたうすい膜。その膜で飲み物を包んで持ち運ぶ、というわけです。

使われているのは、「褐藻(かっそう)」というコンブのような海藻から抽出したアルギン酸と塩化カルシウムなど。

捨ててもOK。自然と分解するエコフレンドリーさうれしい

どうやって中身を飲むのかというと、膜をなかの飲み物と一緒に食べてもいいし、膜に穴を開けて中身だけを飲んでもいいのだそう。

気になるのはその食感。見た目はゼリーみたいですが、口に入れた感触としては寒天に近いのでしょうか? 妄想がむくむくふくらみます。

膜はそのまま捨ててしまっても、4〜6週間ほどで自然に分解するそうなので、とてもエコフレンドリー。

「Ooho!」は2014年に発明されて以来、開発を進めながらその事業を拡大させています。日本には未上陸みたいですが、ぜひともこのプルプルを口に入れてみたい気持ちでいっぱいです。

[ギズモード・ジャパン, Skipping Rocks Lab]

こちらも読まれています

・今すぐハワイ! VRゴーグルプレゼント #hawaii

・東京で働く女子たちの、自分だけのマストアイテムとは? #sponsored

・2017年最注目。チルな気分を盛り上げてくれるふたり組って誰? #sponsored