@AUTOCAR

写真拡大

「SLC180」数字でおさらい

1.6ℓターボ・ユニットを搭載した、あたらしいエントリー・グレードのモデル名は「SLC180」。代表的な数値は以下のとおり。

・最高出力:156ps
・最大トルク:25.4kg-m
・0-100km/h:7.9秒
・最高速度:225km/h
・公表燃費:17.2km/ℓ
・車両重量:1435kg

排気量2.0ℓのエンジンを載せるマツダ・ロードスターRFの0-100km/hタイムに比べると0.6秒遅いことになる。

一方、燃費はSLC180のほうが、ロードスターRFより0.6km/ℓ優れる。CO2排出量もまたSLC180のほうが1kmあたり27g少ない。

価格、納車時期は?

報道によると、本日よりオーダーが可能とのこと。6月には組みたてが始まり、7月にはデリバリーが開始するという見方が濃厚である。

価格はもっとも安い状態で£32,039(464万円〜)。これまでの英国におけるエントリー・モデル「SLC200」と比べると£2,681(39万円)安い。

ちなみにロードスターRFの英国価格より£8,644(125万円)、アバルト124スパイダーより£2,419(35万円)高価ということになる。

これに関してメルセデス・ベンツのスポークスマンは「そのぶん、ライバルより値落ちしづらいですよ」と、あくまで強気である。

(おまけ)英国のSLC、売れ筋はディーゼル

英国におけるもっとも売れ筋のグレードは、じつはディーゼルなのである。

「SLC250d」は全体の売り上げの70%を占め、年間で4000台が売れている。

だからといって莫大な台数が売れる車格ではないため、現行モデルのライフサイクルが終わるまで、モデル・チェンジは行わないとメルセデス・ベンツは断言している。