浦和、さいたまダービーでのサポーターの違反行為を謝罪…「今後、事実確認を行ったうえで厳正に対応」

写真拡大

▽浦和レッズは2日、4月30日にNACK5スタジアム大宮で行われた明治安田生命J1リーグの大宮アルディージャ戦(0-1で浦和が敗戦)における浦和の一部サポーターによる違反行為を謝罪した。

▽違反行為が起きたのは開門直後、数人の浦和サポーターが緩衝地帯の柵に向かって跳び蹴りしたことで柵の一部が破損。さらに、チケット不所持による不正入場行為や、スタジアム外で爆竹を投げた一部浦和サポーターもいたという。

▽この件について、浦和はクラブ公式サイトに謝罪文を掲載。「今後、事実確認を行ったうえで厳正に対応」していくとし、ファン・サポーターに対しても再発防止を呼びかけた。

「2017年4月30日にNACK5スタジアム大宮で開催されたJ1リーグ第9節大宮アルディージャ戦において、浦和レッズの一部のサポーターによる、「新たに設置された緩衝帯のフェンスを蹴ったり、メッシュのカバーをはがしたりする等の行為」、「試合後の物の投げ込み行為」等の試合運営を妨げる違反行為がありました。また、入場ゲートでも混乱があったとの情報を得ております」

「当日、ご観戦をされた皆さまをはじめ、運営主管である大宮アルディージャ様や多くの方々にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。今後、事実確認を行ったうえで、厳正に対応してまいります。観戦ルールやマナーは、選手や観戦する皆さまの安全のために設けられております。ファン・サポーターの皆さまにおかれましては、遵守いただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします」