女優だけでなくアーティストとしても活動の幅を広げている元人気セクシー女優の沖田杏梨/(C)MilkyPopGeneration

写真拡大

所属アーティストが全員セクシー女優の異色レーベル「Milky Pop Generation(みるじぇね)」から、2017年夏に沖田杏梨の2ndシングルがリリースされることが決定した。

DJ/PRODUCERとして活躍するDJ BAKU/(C)MilkyPopGeneration

“みるじぇね”はCUTEでROCKでSEXYな女の子たちの素顔と向き合うコンテンツブランド。本人と作り上げるソロのオリジナル楽曲、生バンドライブをコンセプトとし、曲のジャンル、詩の世界観、ジャケットワークに至るまで本人との打ち合わせを重ね、「本当にやりたい音楽」を形にするプロジェクトだ。

待望の2ndシングルでは、作詞は全て沖田杏梨が担当するほか、異色のコラボレーションが多数実現。

HIP HOPを基盤にジャンルの枠を飛び越えDJ/PRODUCERとして活躍するDJ BAKU。

元人気セクシー女優で現在は自らDAW(=Digital Audio Workstation)を駆使しトラックメイクも手がけているDTMerの並木優。

現役セクシー女優でありDJとしても活躍し、自身初の楽曲提供を行う卯水咲流。

そんな豪華制作陣によりつくられる新曲の一部が、5月5日(金)にJ-SQUARE SHINAGAWAにて開催される「MilGene Fabulous Night」で初披露される。同ライブは恵比寿マスカッツとしても大活躍の神咲詩織との2マンLIVE。

女性の来場率も歴代一番だそうで、女性からの注目度も高まっているようだ。

“みるじぇね”のコンセプト通り生演奏で、バンド編成はギター×キーボード×ベース×パーカッション(サポートバンド:Gt.二木元太郎/Key&Cho.平方"トーマス"元/Ba.海老沼崇史/Perc.豊田稔)。

アレンジや演出の打ち合わせを事前に本人と重ねた本ライブは、“Fabulous”なふたりの歌姫対決となるだろう。