写真提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天グループのRakuten Kobo Inc.は5月2日、6.8型の電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O Edition 2」を発表した。5月23日から発売し、価格は19,980円(税込)。別売の専用カバーは3,759円(税込)。

2015年2月に発売した「Kobo Aura H2O」の後継モデル。防水機能「HZO Protection」により、水深2mで最大60分間に耐えるIPX8等級の防水性能を備える。端末の内部に塗布されたコーティング技術により、USBポートをカバーで覆わなくても浸水に耐えられるという。

フロントライト技術「ComfortLight PRO」では、昼間の読書に適した明るい白色の昼光色に調整可能。画面からのブルーライト放出量を調節し、就寝前の読書に適した電球色にも調節できる。就寝時間を設定することで、時間に合わせて太陽光の自然な移り変わりを模倣した色相調整も可能だ。

画面サイズは6.8型で、Carta E Ink HDタッチスクリーンを採用。解像度は1,440×1,080ドットの265ppi。ストレージは約8GBを内蔵。バッテリ駆動時間は数週間。本体サイズはW129×D8.8×H172mm、重量は207g。

なお、海外で先行発売している軽量デザインの電子書籍リーダー「Kobo Aura Edition 2」も、日本国内で同日より発売される。価格は12,800円(税別)。

(リアクション)