2試合の出場停止が決まったDF馬渡和彰(27番)

写真拡大

 徳島ヴォルティスは2日、Jリーグ規律委員会からの処分が決まったDF馬渡和彰に関し、クラブからの処分内容も決定したことを発表した。

 馬渡は4月29日にフクダ電子アリーナで開催されたJ2第10節・千葉戦において、ボールボーイを小突いてしまったことで一発退場。今月2日にJリーグから2試合の出場停止処分が科されていた。

 さらに徳島も同日に「5日までの謹慎・練習参加停止」、「罰金として減給20%(1か月)」、「シーズン中の社会貢献活動の実施」の処分を発表。また、代表取締役社長の岸田一宏氏も減給20%(1か月)となった。

 クラブは公式サイト上で「あらためまして、当該行為を受けたボールパーソンの方、フクダ電子アリーナでご観戦されたすべての皆様、運営主管であるジェフユナイテッド千葉様をはじめとする関係者の皆様にご迷惑をお掛けしたことを心よりお詫び申し上げます。処分を受けましたことを真摯に受け止め、二度とこのような事態が発生しないよう再発防止に向けクラブ一丸となって指導を徹底していく所存でございます」とコメントしている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ