さいたまダービーでトラブル続出

写真拡大

 大宮アルディージャは2日、4月30日にNACK5スタジアム大宮で開催されたJ1第9節・浦和レッズ戦に関し、声明を発表した。

 代表取締役社長を務める森正志氏はクラブ公式サイトを通じ、「一部の浦和レッズサポーターによる器物損壊行為、不正入場未遂行為、フィールドへのフラッグの投げ込み行為など、ホームゲームの運営を妨げる運営管理規程違反の行為があったことを確認しております」と報告。「対戦相手である浦和レッズをはじめ、関係各所と連携し調査確認の上、厳正に対応してまいります」とした。

 また、大宮は同日、浦和戦のスタジアム内の一部で両クラブのファン・サポーターが混在して応援する状況が発生していたことも報告。これを受け、『大宮アルディージャホームゲームでの注意事項』のうち、『クラブ独自の禁止事項』の一部を改訂したことも発表した。

 変更前の禁止事項は「ホームエリア(メインスタンド、ホームサポーターゾーン(Wエリア、Eエリア)、バックスタンド(一部を除く))でのビジターグッズなど(レプリカユニフォームや応援グッズ)およびそれに類するものの着用及び使用」となっていたが、新たに「ホームエリア『メインスタンド、ゴール裏スタンド (ビジターサポーターゾーンを除く)、バックスタンド(ビジターバック指定を除く)』でのアウェーチームへの応援、ビジターグッズなど(レプリカユニフォームや応援グッズ)およびそれに類するものの着用及び使用」と変更されることが決定。3日にホームで開催されるルヴァン杯グループリーグ第4節・仙台戦から運用される。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ