お付き合いしている人がいないフリーの女性は、常に男性の目を気にされていると思います。男性からの見られ方を気にする方も少なくないのではないでしょうか。
しかし、会社や友だち同士の集まり、もしくは飲み会や婚活の場で一瞬にして「絶対に彼女にしたくない」と思わせてしまう恐ろしい行動がありました。

彼女にしたくないと思わせるNG行動とは?

1. 人の悪口をひっそりと言う

あからさまに悪口は言わないにせよ、ひっそり「でも○○ちゃんって……」「会社でこんな人がいて……」とさりげなくチクりと刺す女性。

・ 「絶対性格が悪い! 心が小さい人と付き合うとろくなことがありません」(30歳・IT関連会社)

・ 「女が『浮気は病気!』と言うように、男からすると『陰口は病気!』です。性格は直りません!」(31歳・公務員)

思ったことは直接本人に伝える男性からすると、陰で言うことに対して理解不能との意見が多かったです。人の悪口を言うと自分に返ってきますよ。

2. ボディタッチが激しい

男性は自分だけにボディタッチをされると「おっ!」とうれしくなるものの、しばらくしてほかの男性にもしていると「軽い女」と思われて、印象が最悪に。

・ 「合コンで俺だけにボディタッチしているのかと舞い上がっていたら、みんなにしていてショック。軽い女とは付き合いたくありません」(29歳・不動産関係)

・ 「男慣れしてるなって思う。シャイな女性は絶対ボディタッチはしません」(32歳・公務員)

ボディタッチをするなら、心に決めた特別な人だけにしましょう。

3. ブランド好き、自慢好き

全身ハイブランドでそろえたり、高学歴や高収入、家柄などをさりげなく自慢する女性っていますよね。

・ 「ブランド好きの女性と付き合ったことがあるが、デートの行き先も高級レストランを指定。誕生日プレゼントはハイブランドが当たり前で、結局財布に穴が開いた状態になり、結婚を考えられず別れた」(33歳・自営業)

・ 「高学歴や高収入を自慢されたら男の立場がない。付き合ったら苦労しそう」(28歳・保険関連会社)

男性はプレッシャーを感じるか、お金がかかる女という印象になるかどちらかのようですが、どちらにせよ印象は最悪のようです。本当の美女はこのようなことは自分の口からは言わないものですよ。

4. SNSでのリア充アピール

意外だったのがSNSのリア充アピールや自撮りショットです。飲みの場で仲良くなった人と交換するSNS情報。慣れている女性はアイコンを自分の自撮りにしている確率が高かったです。

・ 「SNSで毎回『ホテルで女子会、今日はパーティーへ』ってリア充アピールは、男性から見るとドン引きです」(31歳・製薬会社)

・ 「リア充アピールする人ほど、不満があったり見栄っぱりなことを知っている」(29歳・公務員)

・ 「飲み会でいいなと思った子がSNS用にずっと写メをとっていたり、SNS交換をしてのぞいてみたら自撮りばかりで、女性の魅力が台なし」(30歳・不動産会社)

自己満足で始めることの多いSNSですが、見る人にとってはこのような結果に……。誰でも見られる情報でもあるので、知性のある投稿を心がけましょう。

もしかしたら、自分にとっては何気ない行動でも「絶対彼女にしたくない」と思われているかもしれません。アラサー女子に必要なのは、スタイルのよさや顔のかわいさよりも品のよさや知性です。大人な女性に見えるよう、今から心がけてみてはいかがでしょうか。