こんな風に使います

写真拡大

動画ショッピングサイトの運営などを行うDISCOVER(東京都新宿区)は、2045 Tech社のスマホで見ることができる携帯型アルコール濃度測定器「FLOOME(フルーミィ)」を動画ショッピングサイト「DISCOVER」で発売を開始した。

健康管理も可能

お酒を飲んだら運転しないことが当然だが、ではどのくらい時間が経過したらアルコール濃度が下がるのか、運転できない時の交通手段は、などの悩みに対応してくれるアルコールマネジメントデバイス。

使い方はシンプルで、スマートフォンのイヤホンジャックにFLOOMEを差し込み息を吹き込むだけ。スマートフォンに直接結果を送信することで、あとどのくらい経てばアルコールが抜けて運転できるのかを計算してくれるという。また、テスト結果を自撮りし友人と共有できるので、自分の酔いの状況を友人に知らせてSOSを出すことができる。

さらに、同じアプリで運転できないときに役立つタクシー配送や、酔い覚ましに近くで営業しているレストランを探してくれる機能も。もちろん日本語にも対応している。

その他、自分のプロフィールを登録しておけば、データを通じてアルコール摂取量を記録し、カロリー摂取などのより詳しい情報を得られる、健康管理も可能な優れものだ。

追加の電池は不要で、本体を充電する必要もない。

対応機種はiPhone(iOS 10.0.2〜)、Android(Ver.4.2.2〜)。