写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エレコムは2日、最大1,000万回のキーストロークに耐えるワイヤレスキーボード「TK-FDM088TBK」と、ワイヤレステンキーパッド「TK-TDM017BK」を発表した。5月中旬より発売する。価格(税込)は「TK-FDM088TBK」が5,735円、「TK-TDM017BK」が4,774円。

○TK-FDM088TBK

TK-FDM088TBKは、最大1,000万回のキーストロークに耐えられるワイヤレスフルキーボード。メンブレン式を採用し、キーの各段を階段状に配置。各キーの上部が湾曲している「ステップスカルプチャー構造」と、各キーの上部が窪んだ「シリンドリカル構造」により、快適な打鍵を提供するとしている。

通信帯域には2.4GHz帯を使用。電波到達距離は非磁性体で約10m、磁性体で約3m。電源には単3形乾電池×1本を使用し、動作時間は約2.5年。電池の交換時期を知らせる電池残量表示ランプを搭載する。傾斜角を2段階で調整できる傾斜角調節スタンドも装備。

キー配列は日本語108キーで、キーピッチは19mm、キーストロークは4mm。キートップにはオリジナルフォントを採用している。本体サイズはW446×D149×H33mm、重量は555g。レシーバーのインタフェースはUSBで、本体サイズはW18×D13.1×H5.7mm、重量は約2g。対応OSはWindows XP(SP3) / 7(SP1) / 8.1 / 10。

○TK-TDM017BK

TK-TDM017BKは、最大1,000万回のキーストロークに耐えられるワイヤレステンキーパッド。キー数は20キーで、基本的なキーに加えて、Excelでの作業に便利な「Tab」キーと、数字の入力に便利な「00」キーを備える。NumLockのオンオフ状態がひと目で確認できるLEDランプを装備。本体側面には電源スイッチがある。

電源には単3形乾電池×1本を使用し、動作時間は約1.3年。キーピッチは19mm、キーストロークは2.5mm。本体サイズはW90×D140×H26.5mm、重量は107g。レシーバーのインタフェースはUSBで、本体サイズはW18×D13.1×H5.7mm、重量は約2g。対応OSはWindows XP(SP3)7(SP1) / 8.1 / 10。

(リアクション)