「ジョホールバルの歓喜」が甦る

写真拡大

アディダス ジャパンは、1997年にサッカー日本代表がFIFAワールドカップ本戦初出場を決めてから20周年を記念し、当時のユニフォームをリニューアルした「FIFAワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム」を、2017年5月1日午前0時から2万枚限定で発売する。

現行モデルのテクノロジーで進化

多くの日本サッカーファンが歓喜したという97年11月16日のマレーシア・ジョホールバルで行われた、FIFAワールドカップ初出場を決めた試合で着用したユニフォームを現代的にリデザイン。現行モデルのテクノロジーを注ぎ込み進化を遂げたメモリアルユニフォームとなっている。

袖にあしらった象徴的な炎のデザインと襟元のジャパンレッドは、サッカー日本代表の情熱と、世界の舞台で躍動する姿を表しているといい、また胴体脇にはアディダスの象徴"スリーストライプス"をプリントする。

ラインアップと直販サイト「アディダスオンラインショップ」での価格は、「オーセンティックユニフォーム半袖」がサイズXS〜4XOで1万4000円(以下全て税別)。「レプリカユニフォーム半袖」がサイズXS〜4XOで8990円。「KIDSレプリカユニフォーム半袖」がサイズ130〜160で6900円。