群馬がサポーターの観戦違反行為を報告…名古屋戦でフィールドへの投げ入れや飛び降り

写真拡大

 ザスパクサツ群馬は2日、正田醬油スタジアム群馬で開催された明治安田生命J2リーグ第10節の名古屋グランパス戦で観戦違反行為があったことを発表した。

 クラブ公式サイトの発表によると、ホーム自由席で試合観戦していた1名の群馬サポーターが、フィールドへのペットボトルおよび紙コップの投げ入れ、および飛び降りをしたことが確認されたという。

 また同クラブは「Jリーグと詳細を調査確認の上、厳正に対処して参ります。今後とも再発防止に向け、警備強化を徹底し、より一層安心・安全で快適なスタジアム作りを目指して参ります」と声明を発表している。