もうまもなく訪れる2017年「母の日」の5月14日。毎年花を贈る人、ちょっとしたお菓子を贈る人とプレゼントは様々ですが、贈る側からすれば何を贈るか考えているときもちょっぴり楽しいもの。できればクスッと笑えるものもいいですよね。

 そんなクスッと笑いがとれるかもしれない『すし飴(すしキャンディ)』なる商品を発見しました。ずいぶん前から発売されているものですが、このところ一部回転寿司チェーンの店頭でも取り扱いが開始され、注目度が高まっています。ネット通販でも購入でき、ばら売りなら1本50円(税別)、50本セットなら2500円(税別)ほどで販売されています。

【すべての画像や動画はこちら】

 この『すし飴』は岐阜県の有限会社マルゲンが製造しているもの。種類はマグロ、いか、えび、玉子、イクラなどがあり、飴部分の大きさは3センチほどの一口サイズ。バレンタイン、ホワイトデー、母の日、こどもの日などのギフト向けから、セットをばらして子供会の縁日用としても人気のある商品です。飴職人が手作りしているそうで、一見するとミニチュアサイズに作られた食品サンプルにもうつります。しかしイクラにいたっては一つ一つのつぶがまるで本物のように美しく再現されていました。

 原材料は砂糖、水飴、香料、着色料(赤40、黄5、青2、黄4、青1)となり、たまご飴といくら飴には本物の海苔が使用されています。
そして肝心なお味はというと、どこか懐かしい優しい甘さ。甘いけどしつこくなく、いつまでも舐めていられるそんな美味しさです。

 見た目に楽しく、貰って嬉しい。今年の母の日の変わり種ギフトに検討してみてはいかがでしょうか。購入はネットショップなどでも行えます。「すし飴」で検索するといくつも出てくるので、気になる方はぜひ探してみてください。

(栗田まり子)