万能。スポーティなアウター

写真拡大

初夏。

とはいえ、まだまだ気候がはっきりしないいまの時期は、スポーティジャケットの出番です。

いつものアウターをスポーティなものに変えるだけで、かっちりしすぎず、軽やかに変身します。

さりげなく力の抜けたラフな雰囲気と、実用性を兼ね備えたスタイルに夢中になりそう。

十人十色な着こなしが叶うスポーティジャケット

アディダスの個性的な鳥のプリントが入りトラックジャケットに挑戦した彼女。

カジュアルになりすぎないように、インナーには白シャツを合わせて、小ぶりのチェーンバッグでエレガントさをプラスしています。

鳥のくちばしの色とバッグの色を合わせて統一感を出すのも、真似してみたいテクニック。

本当にジャケットなの? と疑いたくなるほど上品にまとまったスタイル。

バイカラーのロングブーツと、スクエアタイプのかっちりとしたバッグを合わせることで、全体をエレガントに格上げしています。

彼女のコーディネートは、ちょっと難易度高め。上下ともにアディダスのジャージで合わせる上級者スタイルです。

インナーに透け感のあるシースルートップスを選び、レザーのクラッチバッグを合わせることで、スポーティとフォーマルがバランスよくまとまった、モードなスタイルが完成します。

ベースボールジャケットとフレアスカートという、まったく印象が違ったアイテムを掛け合わせた彼女。

スポーティなスタイルに、上品なペールピンクスカートとベージュのパテントパンプスで甘さを加えています。絶妙なバランスのなかに、彼女の個性が光るコーディネートになりました。


同じベースボールジャケットでも、合わせるアイテムによってガラッと着こなしが変わる好例。

カジュアルなジャケットも、グレー×ホワイトの落ち着いた色味を選ぶことで、大人っぽく着こなすことができます。全身のトーンを合わせることで、ラフなスタイルのなかに上品さが見え隠れ。

星が散りばめられたジャケットは、とことんポップに着こなすのが彼女流。

シルバーのグリッタースニーカーやビンテージのロックTシャツなど、彼女の「好き」を詰め込んでいます。自由なスタイルを追求する潔さ、最高です。

いつもと違うアイテムを一点投入するだけで、普段とはちょっと違った自分を楽しめる。ファッションで毎日が変化のチャンスです。

写真/gettyimages

こちらも読まれています

媚びないファッション。自分のために着る

・オンとオフ、上手に切り替えるために身につけたいもの #sponsored

・2017年最注目。チルな気分を盛り上げてくれるふたり組って誰? #sponsored