U20代表の内山監督がグループステージ対戦国を分析、各試合のポイントとは

写真拡大

 今月20日に開幕するFIFA U−20ワールドカップ韓国2017に向けた代表メンバー21名が発表された。U−20日本代表を率いる内山篤監督は、「恐れずに、アジアチャンピオンとしての誇りを持って、フレッシュに戦いたいと思います。やる以上は頂点を目指したい」と意気込みを示した。

 日本にとっては5大会ぶりの出場。グループステージでは南アフリカ、ウルグアイ、イタリアと対戦する。内山監督は3チームを次のように分析する。

「南アフリカは身体能力が高い。ゲーム内容を見ると、あまりオーガナイズはされていないが、意外性といった意味では迫力がある。間延びしたサッカーをやられると難しくなるだろう」

「ウルグアイは厳しい南米予選を1位で突破してきたチーム。A代表と同じく堅守速攻型で個の能力が高い。バランスを保ちながら、カウンターを含めてリスク管理をしながら戦っていかなければならない」

「イタリアは試合巧者。我々はできる限りボールを動かして、速いテンポでサッカーをやりたいが、そこを防いでくることが十分に考えられる。その中でも焦れずに、我々のテンポでやっていきたい」

 日本は21日の初戦で南アフリカと対戦。第2戦は24日にウルグアイと、第3戦は27日にイタリアと激突する。決勝トーナメントに進出するためにも、初戦で勝利を手にして勢いに乗りたいところ。指揮官は「3戦とも言えることだが、我々の生命線である攻守に渡ってコンパクトにプレーしていくことが一番大事。初戦は勢いに乗れる大きなチャンスだと思っているので、準備を含めて南アフリカ戦が重要になってくる」と語った。

 日本は11日から静岡県内で事前合宿を行い、15日にはU−20ホンジュラス代表と親善試合を行う。