『22年目の告白―私が殺人犯です―』(c)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

写真拡大

 藤原竜也と伊藤英明がW主演を務める映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』より、事件の真相を語る本編シーンが公開された。

動画はこちら

 本作は、韓国映画『殺人の告白』を原作に、『SR サイタマノラッパー』の入江悠監督がメガホンを取ったサスペンスエンターテインメント。美しき殺人犯・曾根崎雅人が、警察やマスコミを過度に挑発して日本中を狂わせていく模様を描く。

 このたび公開された本編映像は、曾根崎が初めて公の場に登場する記者会見のシーン。22年前に起きた連続殺人事件は、未解決のまま時効を迎えた。そんな中、藤原演じる殺人犯・曾根崎が突然現れる。“絶対に捕まらない殺人犯”となった曾根崎は、事件の真相を語る告白本『私が殺人犯です』の出版会見に登場。張りつめた緊張感が漂う中、自身が起こした事件についてゆっくりと語り始める曾根崎の姿が、映像には収められている。

 入江監督は、藤原本人がリアルな殺人犯かつ、リアルな記者会見に見えるよう、カメラ位置や照明など徹底的にこだわったという。また、藤原はどんなに長台詞でも一度もNGを出さずに演じきり、この記者会見のシーン以外でも、撮影中にNGを出すことは1回もなかったとのこと。(リアルサウンド編集部)