【全文】久保建英、U-20W杯メンバー選出会見 「U-17予選の時、ここにいると夢にも思ってなかった」

写真拡大

“2世代飛び級”で挑む本大会への意気込みを語る 「形にこだわらずゴールを狙いたい」

 FC東京U-18のFW久保建英は、今月20日から韓国で開幕するU-20ワールドカップに向けたメンバーに“2世代飛び級”での選出となり、5大会ぶり9度目の出場となる歴代代表の中で最年少でのメンバー入りを果たした。

 スペインの強豪バルセロナの下部組織で育ち、すでにFC東京U-23の一員としてJ3でもゴールを決めている久保は、自身初となるFIFA主催の世界大会出場へ向けて意気込みを語っている。

    ◇     ◇     ◇

――U-20日本代表選出にあたっての率直な感想と、自身の成長を振り返ると?

「正直、素直に嬉しいの一言です。自分は他の人たちと違ってアジア予選を一緒に戦わずに、途中から飛び込みで最後の方に呼ばれた感じなんですけど、U-20の代表はすごく良い選手ばかりで、自分もいろいろなものを吸収して、2、3回の遠征があったからこそメンバーに入ったと思います」

――その合宿で手応えを感じた部分は?

「1回より2回目、2回目より3回目とコミュニケーションも取れて自信もついたと思います」

――チームの中で、自身が生かされると感じるプレーは?

「代表でも自由にやらせてもらっているので、攻撃のところは自由にやって良いよということで、自分の武器だと思っているドリブルやスペースを使っていろいろなものを生み出すところを見て欲しいです」

「自分の攻撃力が問われるかなと思う」

――これまでJ3にも出場し、ゴールも決めた。選ばれる確信はあった?

「確信はなかったですし、小川選手や岩崎選手もゴールを決めて調子を上げて結果を残していて、これでは足りないのかなとも思っていました。ゴールを取れたことでプレッシャーから解放された感じで、気持ちも楽になりました」

――(トップデビューが伝えられている)3日のルヴァン杯へ向けては?

「まだメンバーも決まっていなくて選ばれるか分からないですけど、選ばれたとしたら、選ばれた以上はチームの勝利に貢献するプレーができればと思います」

――1次リーグは3試合を戦うが、特に対戦したい相手はいる?

「3カ国とも違った特徴を持った国だと思っているので、どの国というより、3カ国と対戦してしっかり勝ちを拾っていきたいです。チームとしては予選突破がマストというわけではないですけど、予選突破をしたいので、その後に上に行ければ。3カ国が決まった時に、南アフリカだったら予選の得点王がいるとか、どこもパンチのある選手が多いと思います。予選でも南米王者やヨーロッパ2位と強豪国ばかりのグループなんですけど、その分、良い試合になるんじゃないかなと思います」

――スペインでプレーしてきたが、例えば同じヨーロッパのイタリア戦は?

「まずは出られるかどうかという問題があって、出られたら、U-20がどうかは分からないですけど、イタリアは守備が特徴だとセリエを見ていたも感じるので、そこは自分の攻撃力が問われるかなと思います」

――U-17日本代表ではアフリカ勢とも対戦しているが?

「サイズが小さい分、敏捷性は自分の方があるかなと考えていて。リーチの長さは痛感しているんですけど、それをワールドカップで良い経験につなげられたらと思います」

「自分の夢は小さい時から変わらない」

――ドイツ遠征ではゴールも決めている。

「前の方の選手として呼んでもらっている以上、必ず結果を残さないと選ばれ続けないと思うので、決められたのは良かったと思います。1つ2つ上の世代の選手で自分よりスピードやフィジカルはあったんですけど、自分も彼らと互角以上に戦えるものが少なからずあって呼ばれていると思うので、自分の通用する範囲で頑張りたいです」

――点を決めることに関しては?

「当然、相手のレベルが上がるので分からないですけど、決める難しさは上がるんじゃないかなと思います。決めることに関しては、どのようなゴールでも1点は1点なので、そこは泥臭くこぼれ球や、切り返しての左足とか、形にこだわらずゴールを狙いたいです」

――先の目標は?

「自分の夢は小さい時から変わらないですけど、一歩一歩、階段を踏めているかなと思います。U-17の一員としてアジア予選を戦った時はここにいると夢にも思っていなかったですけど、選ばれた以上は悔いの残らないプレーを出していきたいです」

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images