選手権を彩った湘南の杉岡大暉(市立船橋高卒)、千葉の高橋壱晟(青森山田高卒)、京都の岩崎悠人(京都橘高卒)。ルーキーたちが躍動した。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)、J.LEAGUE PHOTOS

写真拡大

 J2リーグは4月29日、各地で10節の11試合が行なわれた。
 
 今節、選手権を彩ったルーキーたちが躍動した。湘南の杉岡大暉(市立船橋高卒)は岡山戦で、千葉の高橋壱晟(青森山田高卒)は徳島戦でゴールを記録。それぞれMOMに選出された。京都の岩崎悠人(京都橘高卒)はMOMとはならずも、1ゴール・1アシストで大分戦の勝利に貢献。大きな存在感を示した。
 
 また、イバのハットトリックで熊本を下した横浜FCが首位に躍り出た。その横浜FCと勝点で並んだのは3試合ぶりに白星を挙げた名古屋と湘南。前節まで首位の東京Vは4位に転落した。
 
各試合のスコアは以下の通り(クリックすると、各試合の採点記事に移動します)。

4月29日(土)
岡山 0-2 湘南(Cスタ)

山口  長崎(維新公園)

愛媛  山形(ニンスタ)

水戸  町田(Ksスタ)

福岡  東京V(レベスタ)

大分  京都(大銀ド)

千葉  徳島(フクアリ)

熊本  横浜FC(えがおS)

松本  讃岐(松本)

岐阜  金沢(長良川)

群馬  名古屋(正田スタ)