Doctors Me(ドクターズミー)- いよいよ妊娠10週目!妊婦さんはつわりのピークに要注意

写真拡大

妊娠がわかって嬉しい妊娠初期。ですがこの頃には色々な疑問や不安がたくさんです。

また、つわりという妊婦の最初の試練に苦労している人もいるでしょう。ちょうど妊娠10週は赤ちゃんの心音が聞こえたりと新しい命を実感し始める頃でもあります。

新米ママへ向けて、妊娠10週目の気になることについてまとめてみました。

妊娠10週の胎児の様子

妊娠3カ月中盤にあたる妊娠10週は、赤ちゃんにとってはどのような時期なのでしょうか。

・体長は約3センチくらい、体重は10〜20g未満
・この頃から人間らしい見た目になってきます
・しっぽがなくなり、頭・胴・足が発達し3頭身に
・骨がしっかりしてきます
・手足の指が分かれ、爪が生え始めます
・歯の元になる歯胚ができてきます
・神経系統が発達し始めます
・排尿機能が発達
・生殖器が完成してきます(でもまだ小さくて確認できません)

これまではエコー検査で見る赤ちゃんは白いもやのような場合が多かったですが、この頃からヒトの形に見えてきます。

心拍も確認できる頃ですので、より一層赤ちゃんができたという実感がわく頃ですね。身体だけでなく、内臓機能も出来上がってきます。

妊娠10週の妊婦の様子

この頃の妊婦さんはどのような状態でしょうか。

おなかの大きさ


子宮の大きさが、ピンポン玉くらいのものを握った女性のこぶしくらいになります。そのためおなかが少しふくらんできますが、個人差が大きいです。見た目ふっくらしてくる人もいれば、全く分からない人もいるようです。

つわり


つわりのピークを越えてくる頃です。徐々に落ち着いてくる頃ですが、個人差が大きいものですので、なかなか治まらない場合もあります。

つわりが落ち着いてくる場合には、食欲が増進しがちですので、体重管理に気を付けなければなりません。

腹痛などが起きやすい


腹痛や腰痛、頭痛、便秘、股関節が痛いなどのトラブルもこの時期にはよくあることです。子宮が大きくなったりすることで腹痛などが起きやすくなっています。

むくみが起きやすい


血流が増えてきますので、血管が浮き出たり、むくみが起きやすくなってきます。身体を冷やしたり、締め付けたりするのは避けましょう。

おっぱいの変化


おっぱいに変化を感じることもあります。乳首が過敏になったり、色が濃くなったり、ブラジャーがきつく感じたりすることがあります。その場合はマタニティ用の下着を着けるのがいいでしょう。

胎動を感じる場合も


人によってはぽこぽことした胎動を感じることもあるようです。ですが胎児はまだまだ小さいので、この時期に胎動を感じたという人はごくわずか。一般的には20週前後に感じることが多いようです。

妊娠10週に気を付けること

この時期の妊婦さんはまだまだ体調が安定しません。つわりが続いている場合もありますし、できるだけ無理をしないで過ごすのが理想です。

カフェインやアルコールを避ける


つわりが落ち着いてくるとコーヒーなども飲みたくなるかもしれません。ですがカフェインは胎盤を通って赤ちゃんに届いてしまいます。もちろんアルコ-ルも同様に胎児に悪影響を及ぼす可能性がありますのでやめましょう。

喫煙を避ける


喫煙は流産や早産のリスクを高めますし、胎児にも悪影響を及ぼします。出生後も乳幼児突然死症候群などのリスクが高まると言われています。

家族など周囲の喫煙でも影響が及ぶ可能性がありますので、周囲に理解してもらったり、避けたりと気を付けましょう。

身体の負担を避ける


まだまだ初期の不安定な時期ですので、身体に負担がかかるようなことは避けましょう。旅行などの長距離の移動なども医師に相談しましょう。いわゆる安定期に入るのは16週頃で、その頃にはもう少し体調も落ち着いてきます。

妊娠10週の流産

「妊娠9週の壁」と呼ばれる流産のリスクを表す言葉があります。これは初期流産の約7割が妊娠9週までに起こると言われているからです。

この9週を超えると流産のリスクは減るとされていますが、もちろん可能性がゼロになったわけではありません。

早期流産は12週目までを言います。妊娠10週のこの時期の流産も、胎児に問題があることがほとんどです。多くが染色体異常などの原因によるものです。

急につわりがなくなったり、いつもとは違う腹痛や出血がある場合には次回の検診を待たずに受診しましょう。

妊娠10週ころから出生前診断も可能に

胎児に異常があるかないかを調べる出生前診断もこの頃から可能になってきます。高齢出産や、障害を持つ血縁者の多い家系、その他心配がある場合に行われることがあります。

出生前診断では、染色体異常や先天性の病気の有無などを知ることができますが、必ずしも万能ではありません。この時期に行われる検査は以下が多いでしょう。

超音波スクリーニング検査


「胎児初期超音波検査」や「NT(Nuchal Translucency)」とも呼ばれます。胎児の首の後ろの厚みを調べることで異常の可能性があるかないかを調べます。

絨毛検査


胎盤の元となる絨毛を検査することで赤ちゃんの染色体異常を発見できます。早期に確度の高い検査が可能です。しかし費用も高く、流産のリスクもあります。

NIPT新型出生前診断


「新出生前診断」とも呼ばれています。妊婦の血液からDNAを調べる方法です。ただし、受けることができる人の要件があり、全員受けられるわけではありません。

初期の頃にはこのような検査が行われることが多いようです。しかしどれも高額であったり、リスクがあったりします。医師とよく相談することが必要でしょう。

妊娠10週はまだまだデリケートな時期

10週頃は妊娠が発覚してから約1カ月が経ち、妊婦生活も徐々に慣れてくる頃でしょうか。

胎児も徐々にヒトらしくなり、妊婦さんの方にも身体にいろいろな変化が現れてくるこの頃。

まだまだデリケートな時期ですのでできるだけ大事に過ごせるといいですね。

(監修:Doctors Me 医師)