ZE:A シワン「第70回カンヌ国際映画祭」への出席確定と報じられる

写真拡大

ZE:Aのシワンがカンヌ国際映画祭に出席する。韓国のアイドル出身俳優としては史上初となる。

2日映画界によると、シワンは最近「第70回カンヌ国際映画祭」への出席を確定し、詳細スケジュールを調整している。

シワンとソル・ギョングが主演を務めた映画「不汗党」は、「第70回カンヌ国際映画祭」非コンペティション部門のミッドナイトスクリーニングセクションに公式出品された。現在、シワンはMBCドラマ「王は愛する」を撮影している。なるべくドラマの日程に影響を及ばさない方向でスケジュールを調整しているという。

映画の配給を担当しているCJエンターテインメント側の関係者と広報会社は、OSENとの取材で「シワンさんがカンヌに向かう。ただまだ詳細スケジュールについては調整が必要だと聞いている。詳しい日程はまだ決まっていない」と明らかにした。

「不汗党」は犯罪組織の第1人者を狙うジェホと、覇気あふれる青年ヒョンスが刑務所で出会い、お互いに惹かれ、友情を育てていく過程を描いた犯罪アクション映画だ。