米ジョンズ・ホプキンス大学の北朝鮮分析サイト「38ノース」は1日、北朝鮮で新たな潜水艦発射弾道ミサイルの発射実験に使う船が確認されたことを明らかにした。

同サイトは、北朝鮮の西海岸にある南浦(ナムポ)の海軍造船所のドックを先月19日に撮影した衛星画像を公開。画像には、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験に使われる2基目の発射台(はしけ船)が写っているとしている。

発射台の大きさは縦22.5メートル、幅9メートル。3年前に東海岸の新浦(シンポ)の造船所で確認された発射台と大きさや形が同じで、いずれもロシア製のPSD-4によく似ているという。

同サイトは、ここ1年の間に発射台が造られたことを示す動き捉えられておらず、海外から入手した可能性があるとしている。

また、2つの発射台が同時に導入されたものなら今後、これまでのSLBM発射実験より規模が大きい実験が行われる可能性が高く、導入に時間差があったなら、SLBM実験プログラムが加速化していることを意味すると伝えた。