コン・ユ、台湾ファンミーティングで5500人のファンを魅了…ファンイベントに“感動の涙”

写真拡大 (全3枚)

5500人余りのファンが参加したコン・ユ初の台湾ファンミーティングが、盛況のうちに終わった。

先日(29日) コン・ユは、デビュー以来初めて台湾でファンミーティングを開催し、海外ファンと3時間30分、忘れられない甘い時間を過ごした。ドラマ「コーヒープリンス1号店」から長い間、コン・ユを応援してきた台湾ファンたちの熱い声援は、3月のチケット販売開始10分で全席完売に繋がった。

2016年度、韓国で唯一観客1千万人を動員した映画「新感染 ファイナルエクスプレス」は台湾、シンガポール、タイ、ベトナム、香港などで韓国映画興行の記録を塗り替え、ゾンビブームを巻き起こし、3.4億台湾ドルという高い記録を打ち立てた。このブームにより、去年台湾で「トガニ 幼き瞳の告発」の劇場上映が実現し、コン・ユはドラマ「鬼」でもう一度アジアでブームを巻き起こし、台湾最高の韓流4大スターに選定された。

コン・ユに対する台湾マスコミの反応は熱いものだった。27日、台湾の空港に到着した瞬間から28日台湾メディアカンファレンス、29日ファンミーティング、韓国に戻ってくる30日の台湾空港出国の現場まで、台湾の主要メディアは、リアルタイムでコン・ユのニュースを報道し、高い関心を表した。

ファンミーティング当日の29日には、コン・ユに会うために世界各国のファンたちが台湾新荘体育館に集まっただけでなく、現場の熱気を取材するためのマスコミの取材が相次ぎ、体育館の外は午前から集まった人々でごった返した。

白いスーツを着たコン・ユは、故ユ・ジェハの「私の心の中に映った私の姿」を歌いながらステージ上に登場し、ファンミーティングのスタートを知らせた。コン・ユは死神を連想させるフェドラーハットと黒いスーツを着て登場し、台湾の国民的MCミッキー・フアン(黄子佼) と共にステージを歩き、ファンの歓呼を浴びた。初のファンミーティングであるだけに、コン・ユは作品、幼い時代、余暇生活など自身の話を率直に公開し、観客を熱狂させた。コン・ユは今回のファンミーティングのキャッチコピーである「Live your dream, Hear your dream, you are my dream」のように、ファンの願いを叶える時間も設けた。コン・ユはファンのギター演奏に合わせて即席で歌を歌ったり、5500人のファンのために十八番の甘い声でアラームを録音し、雰囲気を盛り上げた。

また、この日の現場には特別ゲストとして、コン・ユとは親友でシンガーソングライターのMY Qが登場した。MY Qは親友らしくコン・ユの秘密を暴露してファンを熱狂させ、クォン・ジナ、サム・キム、チョン・スンファンのステージの後「僕が自ら歌を検索して聴くほど本当に好きな3人だ。特にサム・キムは『鬼』で僕のテーマ曲である『Who are you』を歌った」とし、自身のファンミーティングに参加してくれたゲストに対する紹介と共に、自身との縁について紹介した。

ファンミーティングの終盤、コン・ユはファンの感動的な映像を見て涙を見せた。台湾ファンたちが準備したサプライズ映像とコメントを見たコン・ユは、映像の途中で顔をうつむけ、振り向いてファンを見た瞬間、こみ上げる感動で涙を流した。落ち着きを取り戻したコン・ユは「僕が流す涙は反省みたいなものだ。休まず長い間仕事をしたら、思ったより心が弱くなった。皆さんの真心を感じて、元気を出して、僕の心を落ち着かせることができるように頑張る」とし、ファンに感謝の挨拶を伝えた。

コン・ユは5月6日、香港のアジアワールド・エキスポでのファンミーティングを控えている。