12歳の天才ギター少女 Li-sa-X、相川七瀬らとコラボで3000人を魅了! Polyphia来日公演出演後ワンマン決定

写真拡大

 “12歳の天才ギター少女”として話題のLi-sa-Xが、7月30日に単独公演を開催することとなった。

Li-sa-X キュートな写真

 GWの初日となる4月29日(土・祝)に、【NAONのYAON2017】が日比谷野外大音楽堂にて行われ、総出演者18組71名、全演奏楽曲41曲、5時間を超えるイベントは大盛り上がりで終了した。Li-sa-Xは、同イベントに史上最年少で初出場を果たし、CYNTIA、小比類巻かほるとの「CITY HUNTER〜愛よ消えないで〜」でのコラボを皮切りに、イベントに出演した先輩ギター・ヒロインたちとの一斉オン・ステージとなった“GUITAR GIRLS COLLECTION”のコーナーでは、彼女のトレードマークにもなっている早弾きに加えて「ultra soul」やまさかの「哀愁のヨーロッパ」の一節も披露。ボーカリストとしては最多の7回連続出演となった相川七瀬とは「夢見る少女じゃいられない」他3曲でコラボして見事なギターソロを披露し、開場を訪れた3000人の音楽ファンに大きなインパクトを残した。

 そんなLi-sa-Xの単独公演開催が7月30日に決定。既に7月11日、12日、13日にはPolyphia来日公演でのオープニング・アクトも決定しているが、単独公演はもちろん初。瑞々しい感性と一級品のテクニックを併せ持った12歳の新たなギター・ヒロインの降臨を見逃す手はない。

◎ライブ情報
【Li-sa-X Live2017】
7月30日(日)原宿アストロホール
OPEN 16:00 / START 17:00 
チケット:スタンディング 3,000円(税込)
http://www.getticket.jp/g?t=iv4n8yjy