2017年4月28日に行なわれた芸術文化勲章授与式の様子 Photo by Jacob Khrist

写真拡大

ジェフ・ミルズがフランスの芸術文化勲章オフィシエを受章した。

【もっと画像を見る(4枚)】

1957年に創設され、芸術や文学の分野で卓越した創作活動を行なった作家や、フランスおよび世界において芸術・文学の発展に貢献した人に授与される芸術文化勲章。「騎士」を意味するシュヴァリエ、「将校」を意味するオフィシエ、「騎士団長」を意味するコマンドゥールという3つの等級が構成される。

2007年にシュヴァリエを受章していたミルズは、2度目の受章。昇進する形となった。なお今年に入ってからファレル・ウィリアムスがミルズと同じオフィシエを受章しているほか、イギー・ポップが最高位にあたるコマンドゥールを受章した。

日本人でこれまでに芸術文化勲章を受章したのは、川端康成、武満徹、黒川紀章、田中泯、植田正治、筒井康隆、蓮實重彦、北野武、大島渚、大友克洋、宮本茂、坂本龍一、隈研吾、隈研吾、谷口ジロー、松本零士、滝川クリステル、高畑勲、山本耀司、相馬千秋、南條史生ら。