公共テレビ提供

写真拡大

(台北 2日 中央社)離島・緑島を舞台にした「海猪仔」が4月30日、米ヒューストンで開催された「第50回ヒューストン国際映画祭」でゴールド賞を受賞した。授賞式に出席したホアン・チュンホア(黄駿樺)監督は、作品を通じて緑島の美しさを世界中の人々に見てもらえればと喜びを述べた。

同作は「海猪仔」と呼ばれたヤクザの親分が刑務所を出た後に緑島でダイビングや生態糸保護の仕事に従事する姿を描いた作品。実話を基にしている。

台湾の作品ではこのほか、チェン・ジエヤオ(陳潔瑤)監督の「只要我長大」が審査員特別賞、高速公路局が製作した「重返里山」がドキュメンタリー部門プラチナ賞などを受賞した。

同映画祭は歴史ある米国の3大国際映画祭の一つ。今年は74の国・地域から4300本近い作品の応募があったという。

(王靖怡、陳渝涵/編集:名切千絵)