『一礼して、キス』に出演する松尾太陽 (C) 2017加賀やっこ・小学館/「一礼して、キス」制作委員会

写真拡大

池田エライザと中尾暢樹主演で同名人気コミックを実写映画化する『一礼して、キス』に、「超特急」のタカシこと松尾太陽が出演することがわかった。

池田エライザ、後輩に一途に思われる役で初主演!『一礼して、キス』映画化

本作は、高校3年生の岸本杏(池田エライザ)の弓道をする姿に恋をした三神曜太(中尾暢樹)による、杏への一途な片思いを直線的に描いた胸キュンラブストーリー。松尾が演じるのは、中尾扮する三神曜太の親友・由木直潔役。

由木は、三神の中学時代の同級生で弓道が大好きな少年だったが、重病を患い闘病生活が続いている。そんな由木の病院暮らしを見て、三神は彼の代わりに弓道を始めたのだ。2人の絆は深く、何でも話せる友だち。三神が恋する杏のある勘違いをもとに杏とも友だちになるという、映画にとって重要な役柄だ。

この映画が『一週間フレンズ。』に続いて、映画単独出演2作目となる松尾は、自身の役柄について「由木は、自分自身が重病を抱えているのに、何事にも相手のことを優先して考えてくれる。でも、その中に自分の意見もしっかりある尊敬できるキャラクターだと感じました。そんな純粋で真っ直ぐな彼を思って役を生きさせて頂きました」と語ると、「撮影はあっという間でしたが、『して、キス』の現場は素敵なキャストの皆さんと監督・スタッフの皆さんで、とても環境にも恵まれているなと感じました!この作品に参加できて本当に良かったと思っています。『一礼して、キス』公開まで楽しみにしていて下さい!」とのコメントを寄せている。

『一礼して、キス』は今秋全国公開となる。