写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●日本向けに限定「バナナウォッチ」も
スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2017」にて、ティソは、伝説の「バナナ・ウォッチ」をオリジナルに忠実な外見で復刻すると発表。また、高級時計の卓越した技術を惜しげもなく投入したドレスウォッチ「バラード」など、クラシックテイスト香るモデルが特に来場者の注目を集めた。

しかも、価格設定はどのモデルもティソこだわりの「適正価格」。「高品質な時計をひとりでも多くのユーザーに届けたい」……その変わらぬ企業姿勢もまた、強く再認識させるラインナップだ(掲載写真はすべてクリックで拡大表示。価格はすべて税別)。

○ティソ ヘリテイジ バナナ センテナリー エディション

手首の外縁をトレースするかのようにカーブしたレクタンギュラ・ケースの輝き。タマネギ形状のクラシカルなりゅうずや、アール・デコ調のアラビアインデックスといったディテールも相まって、ティソの「バナナウォッチ」は、一見ブレスレットをも思わせる。このスマートでファッナブルな時計が誕生したのは、なんと100年もの時をさかのぼる1916年のこと。

そのルーツは、宮廷貴族の貴婦人たちのためにと、ロシアロマノフ王朝がティソに依頼した時計だという。オリジナルのバナナウォッチはわずか1年で生産を終了したが、1995年に復刻され、以降、新機能の装備や新しいダイヤルデザイン、限定モデルなどが生産されている。

そして2017年、「ティソ ヘリテイジ バナナ センテナリー エディション」として再度の復刻。1995年の復刻時はバトン針を使用していたが、今回はスペード針を採用。ビンテージロゴとともに、オリジナルの外観を忠実に再現している。しかし、その材質や中身は現在の潮流に沿ったものだ。

ムーブメントはクォーツとなり、プラスチックだった風防はミネラルガラスに。ケースサイズは49mm×27mmで、イエローケースとゴールドケースにはPVDコーティングが施されている。ストラップは、アリゲーターまたはレザーストラップが付属。価格はSSケースモデルが4万5,000円、PVDコーティングケースモデルが5万4,000円で、9月発売予定。そして注目すべきは、限定モデルではない定番品としてラインナップされることだ。

ただし、日本市場向けには限定モデルが存在する。その名も「ティソ ヘリテイジ バナナ センテナリー 日本スペシャルエディション」。シルバーダイヤルに黒文字インデックスのコントラストが美しい。SSケースとブラックリアルアリゲーターの組み合わせはシンプルながら高級感があり、お洒落でありつつ汎用性も高い。かつては貴婦人のための時計だったが、これならユニセックスウォッチとしても人気が出そうだ。価格は4万5,000円で、限定数は500本。9月発売予定。

●今年のティソ最大ともいえる注目作
○ティソ バラード オートマチック

「マイ ファースト ドレスウォッチ」をキャッチフレーズに登場した、今年のティソ最大ともいえる注目作「ティソ バラード オートマチック」。時代を感じさせないデザインと使いやすいケースサイズ、そして、クルー・ド・パリ装飾が施されたベゼルなどの魅力的な外観に加え、その内部にはティソが長年培ってきた最新技術が凝縮されている。

ムーブメントは自動巻。スイスクロノメーター検定協会「COSC」(Controle Officiel Suisse des Chronometres)が、厳しいテストにパスした高精度なムーブメントのみに与える「COSC認定」クロノメータームーブメントを搭載している。このムーブメントはいわゆる「パワーマティック80」で、80時間のパワーリザーブを持つ。つまり、金曜の夜にパワーリザーブを満タンにしておけば、土日のオフを挟んでも、月曜の朝に時刻を合わせ直す手間が不要ということだ。

さらに、これまではハイエンドウォッチのみに使われてきたシリコンひげゼンマイを採用し、耐久性と精度、そして耐磁性を向上。正直、この価格帯の製品に採用できる技術ではないと思っていたが……。1831年に世界初の耐磁時計「ティソ アンチマグネティック」を作ったティソの技術と魂が、ここにも生きている。

ティソ バラード オートマチックは、メンズモデルとレディースモデルで展開。ペアウォッチとしてもオススメだ。メンズのケース素材はSS、外径は41mmでシースルーバック仕様。風防は傷防止加工サファイアクリスタル。防水性能は5気圧。価格は、SSベゼル+レザーストラップモデルが9万5,000円、SSベゼル+SSブレスモデルとローズゴールドPVDベゼル+レザーストラップモデルが10万1,000円。

レディースは、ダイヤルがマザー・オブ・パールで、ケース外径は32mm。それ以外の基本性能や仕様はメンズに準じる。SSベゼル+SSブレスモデル、ローズゴールドPVDベゼル+ホワイトレザーストラップモデル、どちらも10万1,000円。すべて発売中。

●ツール・ド・フランス スペシャルエディション
○ティソ T-レース サイクリング ツール・ド・フランス スペシャルエディション

スポーツウォッチも広くラインナップするティソは、「ツール・ド・フランス」のオフィシャルタイムキーパーでもある。かつて、1988年〜1992年まで務めていたが中断、再び昨年(2016年)からその任に復帰し、2017年7月に開催予定の「ツール・ド・フランス2017」でも引き続き、1,000分の1秒単位の高精度計測でレースを支えるという。そんなティソの決意と意気込みが形となったモデルが「ティソ T-レース サイクリング ツール・ド・フランス スペシャルエディション」だ。

ベースは、モーターサイクルや自転車のレースに求められる革新性と精度、探求心をデザインした「T-レース 」。その細部を、サイクルスポーツファンのツボを心得たディテールでカスタマイズしている。

まず目に入るのは、イエローのシリコンストラップ。これはマイヨ・ジョーヌと呼ばれるチャンピオンのシンボルカラー。その裏面にはチェーンのコマがモールドされている。同様に、ダイヤルのグレーはロードを、2つのプッシャーはブレーキレバーを、ラグからストラップへと続く部分と針はフロントフォークをイメージ。裏ぶたには後輪のスプロケットを彫刻した。

ムーブメントはクォーツ。ケース素材はグレー&ブラックPVDコーティング316LSS、カーボン複合材。外径は44.5mm。ベゼルはアルミ製。風防は、傷防止加工サファイアクリスタルで、10気圧防水。価格は5万6,000円。6月発売予定。

(青木淳一)