リングオフの新サービス「離婚届け買取りセンター」

写真拡大

結婚よりもはるかに面倒な「離婚」。夫婦としての情は切れても、養育費や慰謝料、財産分与をきれいに清算するのは容易なことではなく、相手への憎しみが消えるどころか膨れ上がるケースも......。そんな離婚後遺症に悩む人に向けたユニークなサービスが誕生した。

結婚・婚約指輪の買取り専門店を展開するリングオフ(東京都大田区)は2017年5月1日、「離婚届け買取りセンター」を開設した。不要になった結婚・婚約指輪と一緒に送ることを条件に、離婚届けを3000円で買い取る。

過去は振り返らず、新しい人生を歩むために

離婚経験のある人なら「えっ、役所に提出した離婚届けは手元に残らないんじゃないの!?」と不思議に思った人もいることだろう。その疑問は正しい。離婚届けは役所が用意した本物の用紙ではなく、リングオフ特製の用紙に記入したものを引き取る形になる。

それにしてもなぜリングオフはこのサービスを始めたのか。同社が10〜60代の離婚者を対象にアンケート調査を行なったところ、離婚後、結婚生活の想い出と決別することに困っている人が多数存在することが判明した。離婚後に不要となった指輪の処分に悩む人は4割もいる。手放せない理由を尋ねたところ、「高価な物だから」(47%)、「想い出が詰まっているから」(44%)、「デザインが気に入ってるから」(9%)といった声が寄せられたという。

離婚した際に、結婚生活に関する想い出や恨みや愚痴、感謝や今後の不安など、人には言えない内容や想いを全て吐き出し、自分と真摯に向き合い心を整理することで、新たな人生を前向きに進んでもらいたい――。そんな想いから離婚届け買取りセンターは生まれた。

このサービスは無料宅配キットでやり取りする。依頼者がセンターにわざわざ足を運ぶ必要はない。また結婚・婚約指輪だけでなく、自分では処分できない想い出の品も一緒に送ることも可能。想い出の品は、悪縁切り&良縁結びのパワースポットで有名な神社でお祓いするそうだ。詳細はリングオフ公式サイトまで。