川崎フロンターレは先月25日、アウェイで水原三星ブルーウィングスと対戦した【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

水原対フロンターレで何があったのか

 先月25日、アジアチャンピオンズリーグの水原三星ブルーウィングス対川崎フロンターレで、大きな議論を呼ぶ事件があった。AFCも動いた一連の騒動。いったい現場では何があったのか、韓国・水原ワールドカップスタジアムで一部始終を見届けた目撃者の証言を元に記録する。(取材・文:舩木渉)

--

 先月25日、韓国・水原でアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第5節、水原三星ブルーウィングス対川崎フロンターレが行われた。

 この試合はピッチ外の出来事が原因で、のちに大きな議論を巻き起こすことになる。アウェイ側のスタンドで「旭日旗」が掲げられ、翌々日にはアジアサッカー連盟(AFC)からフロンターレへの処分が検討されると発表された。

 さらに試合終了直後、水原サポーターがアウェイ側スタンドに乱入してきたことも報告されている。ただ、それらの出来事は因果関係が曖昧に伝えられ、フロンターレへの処分の可能性もあいまって一方的にどちらが悪い、といった伝えられ方になってしまっているのが現状だ。

 そこで本稿では現場にいたフロンターレサポーターA氏(匿名)に協力を仰ぎ、水原ワールドカップスタジアムであの日、何があったのかを記録していく。

 試合当日、フロンターレのサポーターがスタジアムに集まり始めたのは開始のおよそ3時間前、16時頃だった。というのも、水原戦の前売りチケットをインターネット経由で抑えるには韓国のIDが必要で、日本から応援に行くサポーターに対しクラブから事前に当日券を買うようアナウンスがあったとのことだった。

 当日券の販売開始がキックオフの3時間前で、それに合わせてサポーターが集まってきた。そしてキックオフ2時間前の17時に開門と同時に数十人がスタジアムへ入り、試合開始までは特に何も事件はなかったという。韓国まで応援に駆けつけたフロンターレサポーターは個人手配とツアーを全て合わせて5、60人ほどだったようだ。

 試合が開始してすぐ、A氏は異変に気付いた。

「前半が始まってすぐくらいだったと思いますが、サポーターについていたうちの運営担当スタッフが呼ばれて、水原のスタッフがフロンターレ側のスタンドを指差しながら、ベンチの方向から血相変えて走ってきたんです」

試合中は「旗」に気づかず。終了直後に水原サポーターが乱入

 だが、この時はスタッフの慌てぶりが印象に残っただけで、特に問題が起きていたとは思わなかった。のちに大きな問題になった旭日旗に関して、「実際にその旗がいつ出されていたか、前の方にいた自分たちは一切知らなかった。アウェイ側ゴール裏全域が開放されていて、旗を出した人たちは少し離れた上の方に座っていたみたいです。そこで何か出されていたとしたら、中心で応援していた人たちは何も知らなかったと思います」と、A氏は語った。

 問題となった旗は試合中に没収され、掲出した2人も両クラブから事情聴取を受けていたことがわかっている。だが、A氏によれば「(旗を没収されたのは)見ていない」といい、ピッチ方向を見ていたスタンド前方のフロンターレサポーターの多くは何が起こったのか試合後しばらく経つまで知らなかった。

 フロンターレサポーターを巻き込んだ大きな事件は、試合終了直後に起きた。A氏はその時の様子を次のように振り返る。

「試合が終わって、突然背後から怒号が聞こえてきて、何だろうと思って振り向いたら水原のサポーターと思われる人たちがスタンドの中央付近まで来ていたんです。最初は5、6人の男性が来て、気がついたら野次馬のように上の方から見ている人もたくさんいました。

真ん中で最初に揉めていたのは5、6人で、韓国語で吠えていました。何を言っているのかはわからないですが、一方的にまくしたてられる感じで。こちらは何があったのか知らないので、全く意味がわからず、負けた腹いせに殴り込まれたのかと思いました。フロンターレサポーターのみんなの頭上に『?』が浮かんでいる感じで、気づいたら警備員ともみ合いになっていて…」

 水原サポーターと見られる男たちが、本来は入れないはずのアウェイ側スタンドにやってきたのは、ちょうど試合を終えたフロンターレの選手たちがサポーターに挨拶をしに来たタイミングだった。

「選手たちは口をポカーンと開けて見ている感じでした。(中村)憲剛とかが『やめろー!落ち着けよー!』ってピッチから叫んでいて。選手たちも危ないからと挨拶だけしてさっさと引き上げていきました」

顔を隠した水原サポーターの恐怖。暴力沙汰にはならず

 水原サポーターは最初の5、6人から、最終的には10人ほどになっていたという。皆一様にニットマフラーなどで顔を隠し、フードをかぶって、サングラスをかけて、素顔がわからないような形でフロンターレサポーターの席へ乗り込んできたそうだ。

 本来、ACLの試合ではアウェイサポーターはホーム側スタンドから完全に隔離されているはずである。日本ではスタジアムのレイアウトもACL用に変更され、境界には警備員が配置されて一般のサポーターがお互いのエリアを行き来できないようになっている。

 だが、A氏は「警備員は少なかった」と語る。「後からクラブ関係者に聞いた話」と前置きしながら、「警備員も水原サポーターを止めには入ったんだけれど、来た人数があまりにも多くて対応しきれなかったということでした」と、相手サポーター乱入の原因を指摘した。

「警備員はピッチからスタンドを見ている人や、スタンドのサイドにはいたんです。でも、もみ合い寸前になるくらいまで動かず、最初はチケットチェックのスタッフしか止めに入っていない感じで。最終的にやばいと思ったのか駆けつけてきましたが…」

 試合に勝って、いい気分で帰ろうとしていた最中の出来事だけに水原サポーター乱入による恐怖と衝撃は大きかったはず。その場にフロンターレサポーターが5、60人いたとはいえ、全員がいわゆる「コアサポーター」というわけではない。

 A氏は語る。

「水原サポーターは普通に座っているサポーターをよけるようなことをせず、スタンドの階段ではなく座席の上をかき分けるような形で降りてきていました。自分は前の方にいたので大丈夫でしたが、上の方に座っていたサポーターはすごく怖かったと思います。意味のわからない言葉を叫びながら降りてくるわけですから」

 それでもフロンターレサポーターは冷静だった。

「向こうは周りを押しのけて突進してくるので、もみ合いみたいにはなっていましたが、川崎のサポーターはコールリーダーを中心に『絶対に手を出すのはやめよう』と声を掛け合っていたので、手は出していないです。危ないからとみんなで前の方に固まっていました」

フロンターレサポーターはスタンド内で一時監禁状態に

 多少の言い合いなどはあったようだが、いかんせん言葉が通じない。水原サポーターが何を言っているのかもわからず、ただ一方的に何らかの主張をぶつけられる形だった。その時はフロンターレサポーターの多くがスタンドに旭日旗が掲げられてたことを知らず、乗り込まれた原因が何かを想像できていなかった。

 結局、水原サポーターの怒りが静まるまで1時間から1時間半ほどかかったという。最後には警察が応援に駆けつけて落ち着いたようだ。ただ、それでも普段のようにスタジアムを出て帰れるわけではなかった。

「騒ぎが収まって、帰ろうとした人がいたのですが、1ヶ所しかないアウェイサポーターの出口の前にたくさん人がいて出れないということで戻ってきて。何人かは試合終了直後にこっそり着替えてスタジアムを出たみたいですが、騒ぎを見届けていた人たちは出たいけど出られない状況になっていました」

 この状況が危険と判断され、フロンターレのサポーターはクラブスタッフとともに選手たちが使う出入り口からスタジアムを出ることになった。外に出ると、水原に宿泊する人とソウルに戻る人でグループ分けされ、別々に帰宅方法を案内された。

 A氏を含むソウルへ帰るグループは、警察や水原のクラブスタッフの先導で徒歩15分ほどの場所にあるソウル行きの路線バスの停留所へ案内されたという。本来ならばスタジアム前の停留所を使うところだが、まだ水原サポーターが残っている可能性があって危険という判断だった。

旭日旗を掲げた2人からの謝罪。“共通認識”の及ばぬところで…

 バスに乗る前、のちに旭日旗を掲げたと判明する2人の男子大学生から謝罪があったとA氏は明かした。

「最終的にはバスに乗る前に、『彼らがどうしても謝りたい』ということで謝罪を受けました。フロンターレのユニフォームを着た2人組の大学生でした。(旭日旗を出した)理由は一切言っていなかったですね。『自分たちは挑発しようと思ったわけではなくて、ただ純粋に応援するために持ってきた』とのことでした。

その時は自分たちの軽率な行動で騒ぎを招いて帰れなくなったことに対して迷惑をかけて申し訳ない、という謝罪でした。当時は処分がどうこうという話は全く出ていませんでしたから。情報が錯綜していて、フロンターレサポーターの多くは何が(水原サポーター乱入騒動の)原因だったか把握できていなかったと思います。2人も心底しょげていて、とても嘘を言うような雰囲気ではなかったですし」

 そもそもフロンターレのサポーターは、ACLのアウェイゲームに向けて横断幕や旗から日本国旗など少しでも問題の原因になりそうなモチーフを外していた。中国や香港などでの試合には相手クラブに掲出物の事前申請が必要だが、韓国での試合にはそのようなルールがない。

 とはいえ国際試合。不要な摩擦を避けるため、過去の他チームの例なども鑑みて、海外遠征経験の豊富な「コアサポーター」の中では国旗などは持っていかない方がよいという「共通認識」があったという。今回の旭日旗はそういった事前の知識の共有が及ばないところから出てしまったようだ。

 なお、A氏はスタジアムを出なければいけなかったため、現場のスタッフや警察がどのように水原サポーターの怒りを収め、騒ぎを終結させたのか、フロンターレのコールリーダーらが事態の収拾に関与したのかは把握できていない。現場にいたフロンターレのサポーターは全員無事に帰国している。

 試合翌々日の27日、AFCからフロンターレに処分が検討されていることが発表された。サポーターの行動が「差別」に関してのルールが定められているAFCの懲罰規定58条に抵触する可能性を指摘されている。

(取材・文:舩木渉)

text by 舩木渉