もう数年前に聞いたことですが、新入社員を少しきつめに指導したら、「私たちは褒めて育てられてきた世代なので、そういう言い方をされるとやる気をなくす」と苦情を言われたという、新人研修担当の話がありました。

 褒めることは大事ですし、その方が人の成長が早まるということは、十分に理解しているつもりですが、相手から「褒めること」を要求されるとなると、これが果たして正しいやり方なのか、ついつい疑ってしまうところがあります。

 この話と似通った印象を持つ話を、つい最近ある企業の役員クラスの人から聞きました。 それは、「みんな最近、自分が得意なことしかやりたがらない傾向が強くなっている」という話でした。これは決して若手といわれる人に限ったことでなく、30代、40代の比較的経験を積んだ年齢の人でも、同じようなことがあるようです。 その理由には、たぶん「失敗をしたくない」という本人の意識があり、「失敗に寛容でない」という環境があり、失敗することで実際に評価が下がり、収入が減り、最悪仕事を失うというようなこともあるのでしょう。当然ですが、失敗して褒められることはないでしょう。

 ただ、この「失敗が人を育てる」という人は数多く、著名な経営者の方々のインタビューなどを見ていても、過去の失敗経験がその後の自分の成長につながった、人間的な幅を広げることができたと語る人は、とても多いです。 そうは言っても、やはり失敗はしないに越したことはないですし、失敗をちょうどよいさじ加減で制御して、意図的に経験させるというのは、場面を相当に限定でもしなければ、なかなか難しいことです。これは、「失敗」が人材育成の一環としては使いづらいということです。「失敗経験での成長」には、どうしても結果論のようなところがあります。

 これはあくまで私が思っている原則論ですが、自分が得意なことは好きなことでもあり、苦手なことは嫌いなことでもあり、人間は嫌いなことよりも好きなことに取り組む方が楽しく、楽しい方が身につきやすく、他人にはつらいことでも苦にならず、成果も出やすいと思っています。

 ただ、これを本人の意志だけで、取り組む範囲を「得意なこと」ばかりに限定し始めると、少し話が違ってきます。それは「得意か不得意かがまだ判明していないことに、取り組もうとしなくなる」ということがあるからです。既知のこと、経験したことばかりでは、それらを深めることはできても、幅を広げることはできません。 実際にやってみた結果、「不得意だからもうやりたくない」というなら、まだ話はわかりますが、一度は経験して見なければ、そもそもそれが得意か不得意かはわかりません。

 「得意なことしかやりたがらない」というのは、裏を返せば「未知のことを避ける」ということですが、未知の経験には失敗がつきものと考えれば、それを避けるというのは「失敗を恐れる」という考えにつながりますし、失敗すれば基本的には褒められませんから、「褒めて育てる」にはつながりません。 こんなことから、「得意なことだけをやりたい」という傾向は、これまですでに言われてきた「失敗したくない」「叱られたくない」ことに、根本の部分が共通していると感じます。

 「褒めて育てる」は、原則としては正しいと思いますし、「失敗したくない」「得意なことに集中したい」という気持ちも、十分理解できることです。 ただ、働く人たちの意識が、こんな感じで狭く保守的な方向だけに向かってしまっては、広い意味での「仕事をする能力」は低下していきます。 やはりどれもバランス次第なのだと思いますが、いったいどこが適切なバランスなのか、バランスを取ることの難しさも同時に感じています。

※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

執筆者プロフィール

小笠原 隆夫 (おがさわら・たかお)
ユニティ・サポート代表
http://www.unity-support.com/index.html
ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名〜1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html