『ディストピア パンドラの少女』 (C) Gift Girl Limited / The British Film Institute 2016

写真拡大

荒廃したロンドンを舞台にしたSFスリラー映画『ディストピア パンドラの少女』の予告編が解禁となった。

[動画]解禁となった『ディストピア パンドラの少女』予告編

本作は、M.R.ケアリーによるSF小説「パンドラの少女」を、ケアリー自身が脚本も手掛けて映画化した作品。舞台は、真菌のパンデミックにより、ほとんどの人類がハングリーズ(飢えた奴ら)と化し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地で生活している近未来。イングランドの田舎町ではウィルスと共生する“二番目の子どもたち(セカンドチルドレン)”への研究が行われていた。彼らはウィルスに感染しながらも思考能力を持ち続け、見た目は全く普通の子どもだった。研究所ではその子どもたちからワクチンを作り出そうと模索。ある日その子どもたちの中に、知能を持った奇跡の少女メラニーが現れる。

解禁となった予告編は、朝を知らせる号令とともに監獄の様な室内にいる少女メラニーが起き上がり、慣れた手つきで車椅子を用意し、自ら頭と足を拘束される準備を整える異様なシーンからスタートする。その後、施設がハングリーズの攻撃を受け、命からがら脱出をしたメラニーたちは、荒廃した街を彷徨うことになる。また、普段は身動きもしないものの、音を立てるとハングリーズたちが寄ってくるため「声を出すな」と注意されながら、彼らの合間を縫って歩くシーンは、見ているこちらまでもが音を立てられないような緊張感を与えてくる。

はたしてメラニーは人類の希望か、絶望か? 『ディストピア パンドラの少女』は7月1日より新宿バルト9ほかにて全国公開となる。