最近、いつドレスアップしましたか? ドレスアップする機会はありますか?

結婚式やパーティなど、人が集まる場所では今まで磨いてきた女子力が試されるものです。

次回こそは頑張りたい!という人に向けて、今回は『上質な気を持ち帰る』ということについて、風水を使った占術に定評のある、サクセスプロデューサー・林巨征先生にお話をお伺いしました。

◆パーティで『上質な気』を持ち帰る方法

こんにちは、林巨征です。今回は「パーティーに出たら持ち帰りたい”上質な気”」について話したいと思います。

結婚式などのパーティーに参加する機会も増えてくるこの時期。せっかくパーティーに参加するのですから、素敵な異性と巡りあったり、自己啓発になるような新しい情報を得られる良い機会にしたいですよね。

ここで持ち帰りたい”上質な気”とは、あなた自身にプラスになる刺激すべてを指します。

“上質な気”を持ち帰るには、積極的に周囲とコミュニケーションを取ることが大切です。気学の世界では、コミュニケーションというものを「四緑木星」で表します。実はこの四緑木星を生かすエッセンスになるアイテムがあるのです。

それは香水やコロンです。また、ポプリなど香のする木性の物を、バッグやポケットに入れて出かけるのも効果的です。とくに、甘い香や花の香の香水やコロンは、恋愛に対する”上質な気”をさらに高めてくれますよ。是非試してみてくださいね。

また、「パールに秘められたチカラ」を利用するのもオススメです。

パールは、アコヤ貝という生命が造った、生きている宝石です。幸運をもたらす力は、死んだ宝石である石とは比較にならないぐらい、強力なのです。

パールの歴史は古いものです。オリエントでは月神、中国では水龍の宝、日本やアジアなど仏教色が強い地域では仏や神の魂が宿るとされ、仏教の七宝として、大変貴重な物として扱われてきました。

また、パールは3000年ほど前からインド各地で水、月、命と関連付けられています。その名残からでしょうか。パールには、「穏やかさ、癒し」などの意味が強く含まれているのです。

また、最近の研究によれば、パールは色により、少しずつ違う意味の効果を我々にもたらしてくれるようです。癒やされたい人、あるいは心に傷を負った人には白のパールで清純さと純真を。また、ピンクパールは恋愛成就、青は冷静さと客観性、黒は願望成就を意味します。癒しを求める方はもちろん、秘めた想いのある方も、パールのアクセサリーを身につけてみてはいかがでしょうか?