「コードネーム U.N.C.L.E.」の一場面 (C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED Daniel Smith

写真拡大

 米俳優アーミー・ハマーが、スパイアクション「コードネーム U.N.C.L.E.」の続編が準備中であることを明らかにした。

 「コードネーム U.N.C.L.E.」は、往年の人気ドラマ「0011ナポレオン・ソロ」を、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチーが映画化したスパイ映画。米ソ冷戦時代を舞台に、米CIAとソ連のKGBという敵対する諜報機関の敏腕スパイ2人が協力を余儀なくされるというストーリーで、CIA捜査官コードネーム U.N.C.L.E.をヘンリー・カビル、KGBスパイ、イリヤ・クリヤキンをハマーが演じていた。

 このたび、新作「フリー・ファイヤー」のプロモーションで米Slashfilmのインタビューを受けたハマーは、「ライオネル・ウィグラムに電話をしたんだ。(続編はあるのかという)同じ質問をいつも聞かれて困っている。続編を書いてくれないか?って」と、プロデューサーで脚本家のウィグラムに自ら続編の脚本執筆を打診したことを告白。「彼は、『オッケー、分かった。もちろん、続編を書くよ』って言ってくれたよ」と語った。

 なお、リッチー監督は「キング・アーサー」の全米公開を5月12日に控えている。「コードネーム U.N.C.L.E.」続編の脚本の仕上がり具合によっては、次回作として着手する可能性もありそうだ。「キング・アーサー」の日本公開は6月17日。