チーズタルト専門店「BAKE」を運営する株式会社ベイクでは個別のスイーツに特化した専門店を展開しています。その最新ブランドとして、2017年4月27日(木)に東京駅構内にバターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND」がオープンしました。「バターの味わいそのものを楽しめるよう研究開発された」というバタークッキーサンドを、買いに行ってきました。

バターサンド専門店 PRESS BUTTER SAND

https://buttersand.com/



店の場所はココ、東京駅丸の内南口の内側。もし新幹線・JR線を降りて途中で立ち寄るのであれば改札から外に出ないよう注意が必要です。

お店には時間帯によってはかなりの行列ができていて、整理券配布が行われることも。一定数の整理券が出たあとは、一時的に整理券配布がストップし「販売を中止しております」というボードが出されていました。



メニューはバターサンド6個入りの箱が税込900円、10個入りの箱が税込1500円。焼きたてバターサンドは1個税込150円で、買った時点では。1人4個までの購入制限がかかっていました。



お店のキッチンスペースはガラス張りで、サンドを焼いているところを見られるようになっています。



ずらっと並んだバターサンド



箱入りだとこんな感じです。



今回は焼きたてバターサンド4つと6個箱、10個箱をそれぞれ購入。



原材料はバター、小麦粉、粉糖、生クリーム、準チョコレート、卵など。



箱を開けると、斜めにそろったバターサンドが顔を見せました。



焼きたてバターサンドと並べるとこんな感じ。



焼きたてバターサンドの方が色黒です。



中身自体は同じです。クリームとキャラメルが渾然一体となって、口の中いっぱいに甘みが広がります。それをサンドしているバタークッキーは、焼きたての方は「サクサク」、焼きたてではない方は「カリカリ」という食感の違いはありますが、バターの風味が豊か。サイズはそう大きいものではありませんが、これが1つ税込150円というのはかなり安い価格設定だと感じました。



箱のデザインもなかなか素敵で、お土産にピッタリです。