ソーシャルメディアを使っていると、たくさんの有意義な情報をゲットできる反面、別に見たくもない情報が流れてくるもの。普段の生活でもイライラすることなんてやまほどあるのに、ソーシャルメディアのなかでまでムカつくものを目にしたくないですよね。
今回は、実はみんなやっているかもしれないソーシャルメディアでひそかにブロック&非表示にしているアカウントあるあるを、米掲示板Redditよりまとめてみました。

元恋人のアカウント

別れた恋人の情報を一切見たくないという人はもちろんのこと、いつまでも未練がましくソーシャルメディアをストーキングしないように、あえて元恋人のアカウントをブロックしている人も多いよう。
フェイスブックなどは、特定の人物をブロックしていても、共通の友人と撮った写真なんかは自分のニュースフィードにあがっていることもあるので、元恋人とよく行動をともにしている友人の投稿を非表示にしていることも。

一日に何度も子どものことを投稿するアカウント

ソーシャルメディアを始めたばかりのころはまだ学生で、結婚している友人や子どもがいる友人はほとんどいなかったという人たちも、時がたち、子どもを持つ友人が多くなってきているのでは?
これまではおいしいごはんなんかを投稿していた友人が、1時間おきに子どものことを投稿するようになったりするんですよね。それもかわいい投稿ではなく、ごはんをめちゃくちゃにしている投稿だったり、部屋をぐちゃぐちゃに崩壊している写真だったり……。
子どもがいないとなかなかその面白さが理解できなかったりするので、つい非表示設定に。

政治論を熱く語るアカウント

政治に興味があるのはもちろんいいことだけど、自分の意見を押しつけるような投稿をしている友人のアカウントは、非表示にしちゃう人も多いみたいですね。選挙の時期になると騒ぎ出す友人に関しては、その時期だけ非表示設定にしてみたり。

誰かの気を引きたくてしょうがないアカウント

なにがあったのか詳細は記載せずに「ああ、悲しい気分」「イライラする!」などの投稿をする、誰かの気を引きたくて仕方ないかまってちゃんアカウントは、基本的には勘弁してほしいものがあります。
相手にすると、面倒くさいダイレクトメッセージがきちゃったりするし、せっかく真面目にこたえたのにその投稿を削除したりする面倒くさい人も多いですからね。

セルフィー投稿がメインのアカウント

自分のことをかわいいと思っている友人による、セレブのまねをしたセルフィーを見ているとイライラするというか「セレブにちっともなれていないよ……」と心がいたくなるので非表示……。
とはいえ、どの写真にも「いいね!」をつけないと友達関係がくずれるかもしれないので、たまに彼女たちのページにいって「いいね!」をランダムにつけるという努力をしているかたも。