kamomefan Fシリーズ(FKLS-201D/SLKF-201D)

写真拡大

 ドウシシャは、扇風機ブランド「kamomefan(カモメファン)」から、「New Family kamomefan」をテーマにした省スペース設計の「Fシリーズ(FKLS-201D/SLKF-201D)」を4月27日に発売した。

 船舶プロペラにヒントを得て開発した扇風機「kamomefan」は、自然風に近いやさしい風とデザイン性の高さで、毎年夏に人気を博しているブランドだ。新シリーズの「F」は、「Family」から。「New Family kamomefan」というメッセージには、「kamomefanを家族の一員として迎え入れてもらえるように」という思いが込められている。

 新製品の最大の特徴は、折りたたみ式の三脚構造を採用したスタンド。使用時だけでなく、収納時も場所をとらないデザインで、床への設置面積が少ないため、ホコリがたまりにくいというメリットもある。

 通常のリビング扇風機の羽根径が30cmなのに対して「Fシリーズ」は20cm。羽根の効率化を図ることで、性能を損なわずに小型化に成功した。一方で、風量インジケーターは遠くからでも見やすいように設計。デザインを意識しつつ、機能性も追求した。

 ドウシシャでは「Fシリーズ」を「愛着家電」と位置付け、リボン型のPOPシールを同梱し、パッケージデザインをリニューアル。母の日や誕生日などのギフト用途を狙う。

 風量は無段階調整で、左右(30度・60度・90度)上下(100度)自動首ふり機能を搭載。カラーはシルバーとシャンパンゴールドの2色展開。税別価格は2万1880円。